• ポイントキャンペーン

小さな王子さま

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 119p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784622071587
  • NDC分類 953
  • Cコード C0097

内容説明

「心で見なくちゃよく見えない。大切なことは目には見えないんだよ」サン=テグジュペリの小説世界を品格ある日本語で届けてきた山崎庸一郎による翻訳に、物語にかくされた秘密を読み解くヒントを、図版入りの註として付した。

著者等紹介

サン=テグジュペリ,アントワーヌ・ド[サンテグジュペリ,アントワーヌド][Saint‐Exup´ery,Antoine de]
1900年フランスのリヨンに生まれる。大学入学資格取得後、1921年兵役に服して空軍に入り、翌年、予備少尉に任官・1926年ラテコエール航空会社に入り、ジャン・メルモーズ、アンリ・ギヨメなどと共に、フランス民間航空の開拓者の一人として、不朽の名をとどめる。1932年以後はテスト・パイロット、ジャーナリストとして活躍。1939年、第二次世界大戦勃発とともに予備大尉として召集され、偵察飛行に従事。休戦後は一時アメリカに亡命したが、1943年、北アフリカで再編された原隊に復帰。1944年7月、フランス本土偵察のためコルシカ島ボルゴ基地から出撃後、未帰還となった。作品に『南方郵便機』(1929)『夜間飛行』(1931、フェミナ賞)『人間の大地』(1939、アカデミー小説大賞)『戦う操縦士』(1942)『ある人質への手紙』(1943)などがあり、1948年には未完の大作『城砦』が刊行された

山崎庸一郎[ヤマサキヨウイチロウ]
1929年生。1953年東京大学文学部仏文科卒業。学習院大学名誉教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KEI

42
小学生の頃から慣れ親しんだのは内藤 濯氏の訳本だった。本書のタイトルが原作Le Petit Prince をそのまま訳しているので読み比べてみた。作者の伝えたい事「大切なものは目に見えない」という事は変わらないが、註訳に当時の著書様子や思い、時代背景が書かれていて参考になった。王子さまを抱いて砂漠を歩くシーンや倒れる姿は胸がいっぱいになる。でもやはり内藤 濯氏の訳本方が読み易かった。2019/01/25

免疫力爆上げした ♪みどりpiyopiyo♪

38
そして花は、そんなに気を配って努力してきたくせに、あくびをしながら言いました。「あら! いま目が覚めたところなの…ごめんなさいね…あたし、まだ髪もなおしていなくて…」 ■この訳は何だかギクシャクした感じを受けました。注釈や解説も含めて「学者さんが有りったけの知識を開陳しました」感が…。■言葉遣いや、ふりがなが一切無い事など、子どもが読むことはつゆ程も想定していない感。原著は9〜10歳の子供にも難なく読めると聞いていますが… (1943年、2005年訳)(→続2019/12/31

satomi

11
この本を読むのは3度目かな…読んでいると色々考えさせられ、キュンとする。私自身も時間をかけて、大切な物を見つけていきたいな。以前、私は大切な物を完璧に築けていると思っていたら、自分の独りよがりでした。まだ人生やり直せるかしら…2017/06/29

スイ

9
<「星の王子さま」複数訳読み比べ> とても丁寧な注と解説があり、非常に良かった。 訳文も好み。2017/07/02

あさこ

5
「花の言うことなど聞くべきではなかった!」「目ってなにも見えないんだ」王子さまは言う。だとしたら、・・・心で見るって何?ヒントは、辛抱強さかな。わがままなバラに甲斐甲斐しく手をかけた王子さまや、井戸を見つけ出し、その水を汲みとる労力が、その水を格別のものにする体験。きっと、大事なものは簡単には手に入らない。 訳者の注釈も興味深い。予備知識のない私には親切に感じられた。2015/01/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/526701

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。