国家とは何か―政治理論序説 (新装版)

個数:

国家とは何か―政治理論序説 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月24日 16時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 302,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784622051367
  • NDC分類 311
  • Cコード C3031

内容説明

本書は、人間の政治的運命にとって最も基本的な国家の観念について、新しいパースペクティヴを開く独創的試みである。著者は、国家に対するアプローチの三つの視角―実力・権力・権威―を厳密に区別する。それにより、ギリシアから現代にいたる学者・法律家・哲学者の国家の観念に鋭い分析の刃があてられるのである。実力を法に、恐怖を尊敬に、強制を同意に―必然を自由に、と変形させうるのは、いったい何であるか。本書は、この実力が権威になるまでの神秘的な過程に、初めて国家の本質を考究した名著である。

目次

第1部 実力(トラシュマコスの議論;現実主義と悲観主義;新造語としての“国家” ほか)
第2部 権力(人による統治と法による統治;国家と法―基本的観念;法の支配 ほか)
第3部 権威(法と秩序;自然と人為;祖国と民族 ほか)

著者等紹介

ダントレーヴ[ダントレーヴ] [d’Entr`eves,Alexander Passerin]
1902‐1985。北イタリアのトリーノに生れる。トリーノ大学の国際法教授、オックスフォード大学のセレナ講座担当のイタリア学教授を勤め、イエール大学の哲学部および法学院、ハーヴァード大学においても講義。トリーノ大学政治理論教授。1985年没

石上良平[イシガミリョウヘイ]
1913年に生れる。1936年東京大学経済学部卒。1949年から1967年まで成蹊大学政経学部教授。1982年に没す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

国家の観念について新しいパースペクティブを開く独創的な試み。実力、権力、権威、三つの視点から国家を考察。国家の本質を考究した名著。<初版1972年>