グーテンベルクの銀河系―活字人間の形成

個数:

グーテンベルクの銀河系―活字人間の形成

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年10月24日 04時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 486,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784622018964
  • NDC分類 749.04

内容説明

グーテンベルクによる印刷技術の発明は、人間の歴史と文化にたいし、いかなるインパクトを与えたか。書物(活字)を読むという行為は、人間の知覚=精神をどのように変容させたのか。口語文化と活字文化はどう違うのか。本書は、これらの疑問にたいするマクルーハンの詩的洞察に満ちた応答である。著者は、西欧近代の形成において印刷技術が果たした決定的な役割を詳細に検証してゆく。

目次

グーテンベルクの銀河系(リア王が;人間は剥奪されることで;第三次元の苦悩は、『リア王』の;表音文字技術が精神構造として;精神分裂病は文字使用の;「文字」のようなメディアの;文明は未開人、もしくは部族的人間に;現代の物理学者にとって;電子技術による新しい相互依存は;文字使用はアフリカ人の ほか)
再編成された銀河系またの名、個人主義社会における大衆状況

著者紹介

マクルーハン,マーシャル[マクルーハン,マーシャル][McLuhan,Marshall]
1911‐1980。カナダのアルバータ州エドモントンに生れる。マニトバ大学で機改工学と文学を学んだ後、英国ケンブリッジ大学のトリニティー・カレッジに留学。F.R.リーヴィス,I.A.リチャーズを識る。帰米後1937年、カトリックに改宗。1942年、エリザベス朝の詩人トーマス・ナッシュについての論文で博士号を取得。アメリカのウィスコンシン大学やセントルイス大学をはじめ諸大学で教鞭をとり、1946年にカナダのトロント大学教授となる

森常治[モリジョウジ]
1931年生れ。1956年早稲田大学第一文学部英文科卒業。1961年同大学院文学研究科博士課程修了。現在、早稲田大学名誉教授。著書『文学記号の空間』(「平林たい子賞」受賞、こびあん書房,1986)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

活版印刷の発明は人間の知覚と精神をいかに変えたか。活字の過去と未来を検証・予測する大著。