結果を出したい人は哲学を学びなさい―ビジネスが180度変わる問題解決の授業

個数:
電子版価格
¥1,650
  • 電書あり

結果を出したい人は哲学を学びなさい―ビジネスが180度変わる問題解決の授業

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月24日 00時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 293p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784620326726
  • NDC分類 159
  • Cコード C0030

出版社内容情報

Google、Appleで働く「ゲームチェンジャー」たちはなぜ「哲学思考」を学んでいるのか?
名だたる企業の哲学研修を担当する著者の「ビジネス×哲学」入門。

内容説明

「悩み抜く力」がビジネスに効く!「結果を出せる人」の秘密は「考え方」にあった!GoogleやAppleは「哲学者を採用」。日本企業でも始まっている「ビジネス哲学研修」。クリエイティブな発想力&問題解決力UP。世界のビジネスエリートが学んでいる「哲学思考」のフレームワークを、一冊に凝縮してお届けする白熱講義。

目次

第1章 問題解決ツールとしての哲学(そもそも哲学とは何か?;なぜ今哲学を知っておく必要があるのか? ほか)
第2章 イノベーションが溢れ出す「ビジネス哲学研修」(ビジネス哲学研修の概要;哲学的に「疑う」ための手法 ほか)
第3章 「生きづらさ」は最高の教科書である(哲学は不眠にも効く?;結局人間の行動原理は欲望充足なのか? ほか)
第4章 結果を出すための「お金の哲学」(なぜ「話が分かりにくい」のか;「スマート」より「ローテク」のほうが意外と結果が出るワケ ほか)
第5章 「つながり」が分かればビジネスはうまくいく(権利はどこまで主張していいのか;「全体の利益」と「個人の利益」どちらが大事なのか ほか)

著者等紹介

小川仁志[オガワヒトシ]
1970年、京都府生まれ。哲学者・山口大学国際総合科学部教授。京都大学法学部卒、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)。商社マン(伊藤忠商事)、フリーター、公務員(名古屋市役所)を経た異色の経歴。徳山工業高等専門学校准教授、米プリンストン大学客員研究員等を経て現職。大学で課題解決のための新しい教育に取り組む傍ら、「哲学カフェ」を主宰するなど、市民のための哲学を実践している。また、テレビをはじめ各種メディアにて哲学の普及にも努めている。NHK・Eテレ「世界の哲学者に人生相談」では指南役を務めた。最近はビジネス向けの哲学研修も多く手がけている。専門は公共哲学。著書も多く、これまでに100冊以上を出版している。YouTubeでも発信中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ta_chanko

16
ビジネスのフレームワークから離れ、徹底的に常識を疑い、俯瞰的な視点から哲学的に再構成する。感性・直感を大切にし、理性・論理で考え、哲学的に思考・構成する。先行きの見えない現代において、哲学的に思考し行動することはビジネスパーソンのみならず、すべての人にとって重要な課題。直感や違和感から、より良い社会のあり方を考えてみよう。2021/04/21

Go Extreme

3
問題解決ツールとしての哲学:そもそも哲学とは何か なぜ今哲学を知っておく必要があるのか イノベーションが溢れ出すビジネス哲学研修:ビジネス哲学研修の概要;哲学的に疑うための手法 生きづらさは最高の教科書である:哲学は不眠にも効く?:結局人間の行動原理は欲望充足なのか? 結果を出すための「お金の哲学」:なぜ「話が分かりにくい」のか:スマートよりローテクのほうが意外と結果が出るワケ 「つながり」が分かればビジネスはうまくいく:権利はどこまで主張していいのか 「全体の利益」と「個人の利益」どちらが大事なのか2021/04/01

2
哲学とは、「自分のフレームを超え、自分なりに行き着くところまで考え抜いてそれを言葉で表現すること」 意味を疑う→広く&深く考える→新たな意味の創出 感性が先、理性が後 練習=言葉を磨く1.変な質問、2.本質千本 疑う=イチャモン 異次元の視点 実存の美学=積極的な生き方=生きやすさ? 2021/07/24

とある内科医

2
後半は相談と回答が続き、タイトルから想定してたんと違う。 ピカソシュタインという造語をメモ。2021/07/23

クリアウォーター

1
★★★★☆本書は、最近ムーブメントになりつつあるビジネス哲学研修について、どういったものかを説明し、その内容を1・2章で紹介している。また、3・4・5章ではビジネスパーソン個人の悩みについて、哲学によるアプローチで解決の糸口を与えている。哲学をベースにした思考法は、今まであまり触れてこなかった内容も含まれていて、なかなか面白かった。また、個人の悩みについては、一度は自分も考えたことがあるような内容が多く、共感できることが多かった。そんな中、「なるほど」と思えるようなアプローチが多く、とても参考になった。 2021/05/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17334725
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。