空洞のなかみ

個数:
電子版価格 ¥1,400
  • 電書あり

空洞のなかみ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月29日 04時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784620326467
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

物書き松重豊、誕生!
軽妙洒脱な筆致で描かれる演者の心象風景。
連作短編小説12編+エッセイ25編を収録。

『孤独のグルメ』『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』『きょうの猫村さん』などさまざまな映画、ドラマで注目を集める著者の初の書籍。書き下ろし連作短編小説「愚者譫言(ぐしゃのうわごと)」と週刊誌「サンデー毎日」の連載エッセイ「演者戯言(えんじゃのざれごと)」の2種を収録。演者だからこそ描くことができた心象風景を、独自の軽妙洒脱な筆致で表現。「サンデー毎日」連載時から人気を呼んだ旭川在住のイラストレーターあべみちこによるイラストが彩りを添える。

「あ、そや、空っぽとな、無、ちゅうのは違うもんなんやで」
そう言って老人は烏丸御池のバス停で降りて行った。
二つの言葉がぐるぐる回る。
あの日からか、自分の仕事が分からなくなった。
         (『愚者譫言』プロローグ 「バスの中」より)

内容説明

軽妙洒脱な筆致で描かれる演者の心象風景。短編小説12編+エッセイ25編を収録。物書き松重豊、誕生!

著者等紹介

松重豊[マツシゲユタカ]
俳優。1963年生まれ。福岡県出身。明治大学文学部在学中より芝居を始め、1986年に蜷川スタジオに入団。2007年に映画「しゃべれどもしゃべれども」で第62回毎日映画コンクール助演男優賞を受賞。2012年「孤独のグルメ」でドラマ初主演。2019年「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」で映画初主演。2020年放送のミニドラマ「きょうの猫村さん」で猫村ねこを演じて話題に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

206
いつから松重さんが好きだったのか…気付いた時には画面の中の松重さんを追っていた気がする。今は専らゴローちゃん?猫村さん?バイプレーヤーズの松重さん?色んな役をこなされてすっかり【全国区】の俳優さんになった感じ。そこで『物書き松重豊、誕生!』の帯に誘われて手にした。リズム良く引き込まれた!短編12話は役者ならではの視点が面白い。プロローグとエピローグが繋がるのが上手い。カバーは始め何だろう?と思ったがなるほどね~だった。エッセイ25編も楽しく読んだ。挿絵も好い。又どこかで読みたいエッセイだった。2021/01/17

hiro

96
TVでよくお見かけする松重さんの書き下ろし小説と週刊誌連載のエッセイということで興味があり読んでみた。演じる役が刑事か、被疑者かが分からない役者など本当にいるのと思いながらも、役者だからこそ書ける12編のショート・ショートは、読みやすく、役者という職業の一部をみることもできて大変面白かった。一方、エッセイでは、台詞を忘れる、噛むということに対する恐怖について何度も書かれていて、これで小説の内容についても理解できると思った。松重さんのYouTubeでのこの小説の朗読も、小説を読むのとは違った趣があった。2021/03/06

R

87
俳優によるエッセーと、簡単にまとめられる本ではなかった。まさかのSF小説もあり、それを下地にした、あるいは逆だったのかもしれない、エッセーで語られていることと微妙にリンクしていて面白かった。小説というよりも、小話、あるいはショートショートといった趣だけども、俳優業というもの、その中の人だからこそ見えるものが描かれていたように感じた。出世作となった孤独のグルメの話も面白いけど、若い頃のこと、これまでの俳優歴が興味深かった。2021/02/01

タカユキ

85
ちょっとびっくりしました。まさに、この人にしか書けない小説。先入観なしに一度読んでほしい。エッセイと短編小説と合わせた一冊。役者のリアリティが嫌味のない軽い自嘲と共にテンポよく綴られた快作。若い頃から実際にどんな役でも演じてきた著者だからこその説得力を持つ。小説とエッセイの二部構成。フィクションの楽しさとノンフィクションならではの可笑しさの両方を味わえる。所々内容がリンクしているのでどちらから先に読んでも面白い。無限に読者を楽しませてくれる。孤独のグルメのセリフを彷彿とさせる語り口。章ごとの挿絵も魅力的!2021/01/05

びわこっこ

83
孤独のグルメで主人公ゴローさんを演じる俳優、松重豊著の短編小説12編とエッセイ25編が両方読めるお得本。読友さんのナイショ!が気になって買ってしまった!表紙の絵は孤独のグルメ繋がりで予想していた通りだったが、空洞の中身が気になって読んでみた。「無」と「空」は違うと僧は説く。京都の太秦撮影所近くにある広隆寺で見た仏像「弥勒菩薩半跏思惟像」に関連していたとは! 俳優さんでありながら、なかなか奥が深い!2021/02/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16640314

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。