データで見る太平洋戦争―「日本の失敗」の真実

個数:

データで見る太平洋戦争―「日本の失敗」の真実

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月27日 07時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 208p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784620324623
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C0020

出版社内容情報

秘蔵写真と数字で蘇る真実の太平洋戦争! 大反響を呼んだ毎日デジタル企画。著名人のリアルな証言も収録。

内容説明

太平洋戦争を日本はどのように戦い、負けたのか?数字が証言する、“一億総特攻戦”のリアル。

目次

第1章 230万人はどのように戦死したのか?
第2章 神風は吹いたのか?―4000人が死んだ「特攻」
第3章 真珠湾攻撃は米国を砕いたのか?―国力4分の1、日本の大ばくち
第4章 欲しがらずに勝てたのか?―国民生活圧迫、子供の平均身長が縮んだ
第5章 戦艦大和は不沈艦だったのか?―沖縄海上特攻、最後の戦果は撃墜3機
第6章 沖縄は「捨て石」だったのか?―本土決戦準備、近衛兵は芋を植えていた
第7章 アジアは一つだったのか?―帝国崩壊、死者は2000万人を超えた

著者等紹介

〓橋昌紀[タカハシマサキ]
東京都出身。早稲田大学法学部卒。地方ブロック紙記者を経たのち、2002年4月毎日新聞入社。仙台支局、夕刊編集部、社会部、経済部、デジタル報道センターなどを経て、17年4月より毎日新聞山形支局次長。これまで国土交通省、海上保安庁、内閣府(経済財政政策担当)、航空・鉄道・海運、建設、重工業、自動車、製鉄業界などを担当。主な取材歴に「函館ハイジャック事件」「耐震強度偽装問題」「JR福知山線脱線事故」など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

futabakouji2

9
背は小さくなる。食べ物は貧しい。大和は片道覚悟の特攻ではなかった。関門海峡に魚雷が配置される。 アメリカの日本包囲戦、海上輸送の遮断の徹底には驚く。これじゃあ、東南アジア、中国大陸、朝鮮半島からの資源・食料が入ってこない。 日本という城を兵糧攻めしているようだった。2018/09/24

Micky

6
太平洋戦争〔この名称には賛否あり)の統計やデータでこの戦争を把握する材料。 この中で納得したことあり。 巷間で言われている大和の沖縄片道切符は実は違った。 燃料は十分積んでいたらしい。 軍令部の指示は片道特攻。ところが呉の司令官は乏しいタンクの底をさらって15000トン積み込んだ。「片道で送り出せるか!武士の情け。本部には間違いましたと言っておけ!」こんな軍人がいたことは悲惨な戦争の中で少しだけホッとする。2018/07/19

さえきかずひこ

6
既知の事実が多かったが、統計資料をあわせて読むことで、太平洋戦争に至ったわが国の愚劣さと戦争によるモラルハザードがより深く理解できる一冊。集団となった日本人は精神主義に陥りがちでその性質は戦後72年経っても変わってはいない。過去のデータを通して、現在のわたしたちに通じるものが見えてくる。2017/09/25

Shibata Yoshio

2
義務教育の中でもきちんと教えていくべきだと思う。2019/09/08

くらーく

1
今の日本もデータで語れない、なんて記事を読んだ気がするなあ。こうやって、データと照らし合わせてみれば、アメリカとの戦いの無謀さが分かるだろうにねえ。 今だったら、アメリカに北朝鮮が戦いに挑む感じかねえ。そこまで酷くないか。一応、五大国の一つだったのだから。でも、輸出品が生糸だからなあ。精神力で勝てるって言った奴の顔がみたいわな。だったら、証拠を見せろと。 本書では、文章とグラフや表が離れていて、ちょっと見にくいのが残念なところ。もっと多くのデータで本格的な書を作って欲しいなあ。2019/08/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12020841

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。