データで見る太平洋戦争―「日本の失敗」の真実

個数:
電子版価格 ¥1,399
  • 電書あり

データで見る太平洋戦争―「日本の失敗」の真実

  • ウェブストアに25冊在庫がございます。(2017年10月23日 11時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 208p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784620324623
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C0020

内容説明

太平洋戦争を日本はどのように戦い、負けたのか?数字が証言する、“一億総特攻戦”のリアル。

目次

第1章 230万人はどのように戦死したのか?
第2章 神風は吹いたのか?―4000人が死んだ「特攻」
第3章 真珠湾攻撃は米国を砕いたのか?―国力4分の1、日本の大ばくち
第4章 欲しがらずに勝てたのか?―国民生活圧迫、子供の平均身長が縮んだ
第5章 戦艦大和は不沈艦だったのか?―沖縄海上特攻、最後の戦果は撃墜3機
第6章 沖縄は「捨て石」だったのか?―本土決戦準備、近衛兵は芋を植えていた
第7章 アジアは一つだったのか?―帝国崩壊、死者は2000万人を超えた

著者紹介

〓橋昌紀[タカハシマサキ]
東京都出身。早稲田大学法学部卒。地方ブロック紙記者を経たのち、2002年4月毎日新聞入社。仙台支局、夕刊編集部、社会部、経済部、デジタル報道センターなどを経て、17年4月より毎日新聞山形支局次長。これまで国土交通省、海上保安庁、内閣府(経済財政政策担当)、航空・鉄道・海運、建設、重工業、自動車、製鉄業界などを担当。主な取材歴に「函館ハイジャック事件」「耐震強度偽装問題」「JR福知山線脱線事故」など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

秘蔵写真と数字で蘇る真実の太平洋戦争! 大反響を呼んだ毎日デジタル企画。著名人のリアルな証言も収録。