• ポイントキャンペーン

愛は永遠に―ウエディング・ストーリー2006

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 314p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784596807090
  • NDC分類 933

内容説明

『愛という名の復讐』―不動産会社で働くビビアンは、大事な契約をまとめるため大富豪ニコラス・ローズの住むプライベートアイランドに向かった。ところが船を降りてみると、そこは荒涼とした孤島で人影もない。不安に駆られる彼女の前にヘリコプターが着陸し、中から商談相手が現れた。精悍な風貌のニコラスが険しい声で言い放つ。「きみはもうこの島から出られない」。『ドクターの花嫁』―勤め先をくびになり、ラブデイは途方に暮れていた。幼いころに両親を亡くしたので頼れる人は誰もいない。そんなとき医師のアンドリュー・フォードが救いの手を差しのべてくれた。自分の診療所の受付係としてラブデイを雇ってくれたのだ。一緒に働くうち、彼女はアンドリューへの思慕の念を募らせるが、なぜか彼はよそよそしい態度をとり続け…。『待ちわびた誓い』―キャリーはオーストラリアで最も裕福な牧場主ブレーク・コートランドの大邸宅を訪れた。長年の知り合いの彼に相談したいことがあったから。キャリーは彼にずっと恋心を抱いていたが、それを隠し通してきた。名家の御曹司と小さな農園の娘ではつり合うはずもない。しかし、ある日、農園がサイクロンに襲われたとき、二人の関係は転機を迎える。

著者紹介

ネーピア,スーザン[ネーピア,スーザン][Napier,Susan]
ロマンス小説家。ニュージーランドのオークランドでジャーナリストとして出発。上司と結婚したのち小説の執筆を始める

ニールズ,ベティ[ニールズ,ベティ][Neels,Betty]
イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごし、戦争中には従軍看護師として働く。そのときに出会ったオランダ人男性と結婚したのち、作家活動に入る。優しい作風で多くのファンを魅了したが、2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)