ハーパーBOOKS<br> ダ・フォース〈下〉

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり

ハーパーBOOKS
ダ・フォース〈下〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月24日 09時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 472p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784596550828
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報



ドン・ウィンズロウ[ドンウィンズロウ]
著・文・その他

田口俊樹[タグチトシキ]
翻訳

内容説明

ダ・フォースの中にネズミ―裏切り者―がいる。FBIが汚職警官を極秘裏に捜査するなか、1人の刑事が拳銃自殺を遂げた。仲間内に衝撃と疑心暗鬼が広がる一方、街場ではラテン系、黒人ギャング、マフィア新旧入り乱れる権力抗争が激化していた。複雑に絡み合う悪に追いつめられていく刑事マローン。やがて哀哭の街で男たちを待ち受ける血みどろの結末とは?圧倒的熱量を放つ渾身の警察小説。

著者等紹介

ウィンズロウ,ドン[ウィンズロウ,ドン] [Winslow,Don]
アメリカ私立探偵作家クラブ・シェイマス賞をはじめ、数々の賞を受賞し高い評価を受ける世界的ベストセラー作家。『野蛮なやつら』がオリヴァー・ストーン監督によって映画化(邦題『野蛮なやつら/SAVEGES』)されたほか、『ザ・カルテル』も映画化が決定している。私立探偵、テロ対策トレーナー、法律事務所や保険会社のコンサルタントとして働いた経歴を持つ。カリフォルニアに在住

田口俊樹[タグチトシキ]
英米文学翻訳家。早稲田大学文学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

385
堪能した。最後の方でマローンが自己正当化くさい独白かますのだけは少し株を下げてしまったけれども、下巻に入って展開もスピードアップし、色々な思惑が錯綜してきて、本当に一気読みだった。久々の濃くて重たい警察小説。こういうタイプの主人公はやはり日本人ではハマラない。特にFBIサイドの動きが面白く、人の気も知らず好きなようにかき回して、一瞬で手のひら返すその様が、物語を一層スリリングにしてくれる。『犬の力』『カルテル』を読まずにこの作品から入ったのも良かったかも。遡って次は『犬の力』に行く。2018/04/20

starbro

206
上下巻、1000P弱、完読しました。ノンフィクションのような悪徳警官腐敗の物語、かなりリアリティがあります。以前に比べてNYの治安が良くなったと報道されていますが、日本とは、かなりのギャップがあります。原住民の土地を強奪し、成立した世界最強のならず者国家、銃も麻薬もギャングも悪徳警官も撲滅出来そうにありません。何と言っても大統領がジャイアンではねぇ(笑)2018/06/11

遥かなる想い

183
下巻に入り、トーレス刑事の自殺から 物語は 加速する。麻薬と暴力の街 ニューヨークでの危険な賭けが続く… マローンは何をしようと しているのか? 警察官の矜持のようなものが ほとばしる。 FBI,マフィアの思惑が 見え隠れする中で、 マローンが行き着いたところは… 裏切りと 殺戮の果てに 行き着いたところは、 哀しいほど 誇りに満ちた、生き方だった。 2018/12/31

🅼🆈½ ユニス™

146
存在する事に意味を探せないままこの世界に遺棄された人間じゃなく、自身の存在意味を自らの決断によって創造させる運命の人間、まさしく実存主義人間像マローンの事だ❗️“我々の始まりは我々の終わりを意味してるわけじゃない。我々の純粋さと堕落を天秤にかけるな!ただこの仕事を愛しただけだった“ 英雄はそう言いながら悠々と退場する。ウィンスローは人生の洞察を文脈のあちこちに加えながらも‘行き過ぎ’の線を絶対に越えない。警察世界の描写が迫真な理由は5年以上も数十名の警察を取材したおかげだろう❗️凄い作品だった。★5❗️2018/10/20

ゆのん

111
悪徳警官マローン。いったいどこまで堕ちるのか。これまでの行いの天罰は下るのか。マローンの苛立ちや恐怖がこれでもかと襲ってくる。先が知りたくてどんどん進んでしまう。どこかで救いがあるのではないかと少しの期待をしながら。ラストまで読み終えて、この結末しかないと納得。警察という仕事を愛し、家族を愛し、仲間を愛したマローン。決して踏み越えてはならない一線があり、そこを越えたら戻れない地獄なんだとがんじがらめになるまで気がつかない愚かで悲しい、そんなラストだった。2018/09/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12715077

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。