ハーパーBOOKS<br> チェスナットマン

個数:
電子版価格 ¥1,287
  • 電書あり

ハーパーBOOKS
チェスナットマン

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月09日 05時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 687p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784596541598
  • NDC分類 949.73
  • Cコード C0197

内容説明

コペンハーゲンで若い母親を狙った凄惨な連続殺人事件が発生。被害者は身体の一部を生きたまま切断され、現場には栗で作った小さな人形“チェスナットマン”が残されていた。人形に付着していた指紋が1年前に誘拐、殺害された少女のものと知った重大犯罪課の刑事トゥリーンとヘスは、服役中の犯人と少女の母親である政治家の周辺を調べ始めるが、捜査が混迷を極めるなか新たな殺人が起き―。バリー賞最優秀新人賞受賞。

著者等紹介

スヴァイストロプ,セーアン[スヴァイストロプ,セーアン] [Sveistrup,Soren]
1968年生まれ。コペンハーゲン大学で文学と歴史の修士号を取得後、デンマーク・フィルム・スクールで学ぶ。デンマーク史上最高の視聴率を記録しハリウッドでもリメイクされたドラマ『The Killing/キリング』の制作・脚本で一躍脚光を浴び、国内外で数々の賞を受賞。小説家デビューとなる『チェスナットマン』The Chestnut Man(オリジナルタイトルKastanjemanden)はバリー賞の最優秀新人賞を受賞

高橋恭美子[タカハシクミコ]
英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みどり虫🎄つぶやきを表示に戻した🐛

134
700ページ弱、北欧ノワール・ミステリーを堪能した。各章が短くて(130章!)映像の場面が変わるようだと思ったら、著者はこれが小説デビューとはいえ、テレビドラマの脚本・制作担当者。納得。連続して起きた残虐な殺害現場に残された「チェスナットマン」は、この本の表紙の栗を使った人形。チェスナットマンに残されていた指紋は社会問題大臣の殺されたはずの娘のもの。事件も、それが起きた原因と思われることも、辛い環境にある子供絡みなので不快。誰がどうして⁉︎に引っ張られ、最後まで飽きなかった。でも、ドラマは…観たくないな!2021/11/02

のぶ

100
本作はデンマークの作品だが、他の北欧ミステリーの多くに似て、陰惨なシーンが多い話だった。若い母親を狙った凄惨な連続殺人事件が発生し、被害者は身体の一部を生きたまま切断され、現場には栗で作った小さな人形“チェスナットマン”が残されていた。捜査にあたるのは、トゥリーンという女性刑事と、相棒のヘス。人形に付着していた指紋から服役中の犯人と少女の母親である政治家の周辺を調べ始めるが、解決にはなかなか至らない。とても長い物語だが、章が細かく区切られていて、読み難さはない。全体として読み応えのある一冊だった。2021/09/07

まちゃ

72
極上の北欧ノワール・ミステリー。面白かったです。600頁超えの大作なので読み始めるのに躊躇しましたが、複雑に絡みあうストーリーとスピーディーな展開に引き込まれました。Netflixでドラマ化されるそうなので、そちらも楽しみです。デンマークを震撼させる連続殺人事件。手首のない死体の側に残されていたのは“栗の人形(チェスナットマン)"。 コペンハーゲン警察重大犯罪課の刑事、ナヤ・トゥリーンとマーク・ヘスがチェスナットマンから犯人に迫る。2021/10/20

ナミのママ

60
バリー賞新人賞受賞に惹かれて手にした北欧ミステリ。デンマークの自然描写とは対照的に残虐な殺人事件。若い母親の遺体からは一部が切り取られ、生前に切断されたらしい。現場に残された栗人形、そしてそこに残されたのは、殺されたはずの少女の指紋。追う刑事2人のキャラクターに魅力があり、先が気になる。あれ?と思いながら読み進めると二転・三転。ページ数はあるが読みやすかった。2021/08/10

ハンナ

50
デンマーク、コペンハーゲンで起きた、わが子を虐待する若い母親を狙った連続殺人事件。残酷な殺害方法と現場に残されていた栗人形が、1年前に起きた大臣の娘の誘拐殺害事件との繋がりを示す。コペンハーゲン警察重大犯罪課の刑事トゥリーンとユーロポールから一時的に古巣の殺人課に戻っていたヘスのコンビが捜査にあたり、紆余曲折を経て過去の事件に行き当たる。チェスナットマンが誰なのか、どうしてヤツは警察の裏をかけたのか、誘拐された大臣の娘クリスティーネの行方は? 600頁越えの長さをものともしない面白さでした。2021/09/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18183982

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。