ハーパーBOOKS<br> グッド・ドーター〈下〉

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

ハーパーBOOKS
グッド・ドーター〈下〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月24日 00時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 416p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784596541437
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

町に再び戦慄を走らせた乱射事件。偶然その場に居合わせたシャーロットは、幼い子供が犠牲になり、銃を手にした十代の少女が逮捕されるところを目撃していた。この町で少女の弁護を引き受けるのは父をおいてほかにいない。またしても町中の怒りを向けられるなか、28年前に止まっていた歯車が動き始め、シャーロットはある決断を下す。父と娘、被害者と加害者、それぞれの悲しい秘密とは―。

著者等紹介

スローター,カリン[スローター,カリン] [Slaughter,Karin]
エドガー賞にノミネートされた『警官の街』や、発売するやいなやニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリストにランクインした『プリティ・ガールズ』『グッド・ドーター』『彼女のかけら』をはじめ、“ウィル・トレント”シリーズや“グラント郡”シリーズで知られるベストセラー作家。これまで20作の作品を発表し、120カ国以上で刊行され、累計発行部数は全世界3500万部を超える

田辺千幸[タナベチユキ]
ロンドン大学社会心理学科卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のぶ

90
下巻に入っても、物語はチャーリーとサムの弁護士姉妹の話を軸に展開していく。そして上巻で起きた学校での生徒による銃撃事件に、姉妹が襲われた過去の事件が複雑に絡み、ミステリーだが、家族の絆を描いた人間ドラマ的な部分が大きなウェイトを占めていて、実に読ませる作品になっていた。そして登場人物がみんなそれぞれ苦しんでいて、かなり重いけれど心に訴えるものがあった。作中には様々な死が描かれていて、キリスト教的な考えが根底にあるのを感じた。カリン・スローターは今回も読み手を裏切る事はなかった。2020/11/03

future4227

65
不幸な過去を背負った弁護士姉妹に、容赦なく襲いかかる不幸の連続。ミステリーというより逆境に立ち向かう姉妹とその家族の物語が中心に据えられて、この後に及んで28年前の事件の真相が明らかになる。同時並行で現在の殺人事件の真相をも突き止める弁護士姉妹だが、果たして真実が明らかになったところで、姉妹に心の安らぎは訪れるのであろうか。失われた代償があまりにも大き過ぎる。事実と思われていることが、必ずしも真実ではないということを世に問う作品でもある。2020/10/16

キムチ27

59
サスペンスながら現場・法廷の展開は案外少なく、下巻は更なる人間の群像縮図。学校襲撃事件を遡る28年前の事件リンクする真相と絡み合う心情。天才的頭脳の持ち主の亡き母によく似た姉、幸せになって欲しい、なるべきと愛され続けた妹、何れも好きになれぬ心動かされなかった姉妹だが逞しさには敬服。さすが米、タフネスの塊り、困難に挫けるどころか「前進あるのみ」という姿勢は日本モノにはない。「高慢じゃなきゃ偏見だ」と在り様をもじった言葉が面白い。売れっ子、しかもパワフル才能の作家だけあって読み終えての疲労感⤴次作は暫時休憩2021/10/14

オーウェン

54
裁判に臨んでいく下巻だが、実は途中で蹴りが付く。 そして明かされる、母親が殺された事件と、学校で起きた銃乱射事件のどちらにも裏があったことを。 広がりを見せていた登場人物たちだが、それを家族間に収束させていき、事件の関係者だけで締められていく構成。 28年経ってようやく届く金庫の中身というのも胸に迫るが、映像化されるらしく、それも楽しみだ。2021/05/08

あっちゃん

41
下巻では、姉からの視点で語られていくので、姉妹が疎遠になっていた理由も雰囲気で納得、妹の回想シーンもキツいけど、2人とも立ち直れてはいないけど、少なくても人生を進めていて凄いなぁ!犯人自体は正直、想像通りだったので(笑)意外でも無いけど、コレはミステリの名を借りた家族の物語かな( ̄▽ ̄)2021/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16509582

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。