扶桑社新書<br> アメリカから“自由”が消える (増補版)

電子版価格 ¥935
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

扶桑社新書
アメリカから“自由”が消える (増補版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 256p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784594077402
  • NDC分類 302.53
  • Cコード C0295

内容説明

合衆国憲法が保障するはずのプライバシーや自由、公正な選挙や手続き、権力に対し異議を唱える権利を、米国民はいつどうやって失ったのか。

目次

第1章 飛行機に乗れない!丸裸にされる!恐怖の空港
第2章 何もかも見られている
第3章 ある日突然人が消える!
第4章 口をふさがれる市民
第5章 危機に立つジャーナリストたち
第6章 それでも“希望”は存在する
袋綴じ

著者等紹介

堤未果[ツツミミカ]
国際ジャーナリスト。ニューヨーク州立大学、ニューヨーク市立大学院国際関係論学科修士号。国連、アムネスティ・インターナショナルNY支局員、米国野村証券等を経て現職。日米を行き来しながら各種メディアで発言、執筆、講演を続けている。「ルポ貧困大国アメリカ」(3部作:岩波新書)で新書大賞2009・日本エッセイストクラブ賞、「報道が教えてくれないアメリカ弱者革命」(海鳴社)で2006年度黒田清日本ジャーナリスト会議新人賞。夫は参議院議員の川田龍平氏(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

魚京童!

21
不自由な自由だ。なんでも好きなことができるわけではない。いくらでも取り締まって不自由で、いうことを聞く国民を前に何をしたいのだろうか。文句も言わず、政府だけが好き勝手やれる世界でお金を儲けて、どうしたいのだろうか。そこがよくわからない。どんなゲームでも自分の思うように動いたら退屈だと思うんだけど、たぶんその一歩手前な今がもっとも楽しいのだろう。あと少しで思うようになるという不自由が規制を楽しくさせているのだろう。やめられないよね。あと少し、あと少し。そうやって追い求める楽しさがあるからね。そういうの楽しい2020/01/07

緋莢

16
図書館本。2010年4月に扶桑社新書から刊行されたものに大幅に加筆・改訂をし、巻末に新たな書き下ろしを加えたもの。<きっとこれからこの国は、オーウェルのディストピア小説に出てくるような全体主義国家になってゆくだろう>2016年のクリスマス。著者に届いたメールにはトランプ大統領誕生に絶望するトーンに満ちていたそうです。自分に都合の悪いことを「もうひとつの真実」という言葉に変えるトランプ陣営もあれですが(続く 2018/02/10

風に吹かれて

15
 われながら何という認識不足。ノーベル賞受賞者元米国大統領オバマの時代にキューバのグアンタナモ収容所は閉鎖されたと思い込んでいたが、そうではなかった。テロ容疑者から拷問による供述を得るために米国外に、しかも運営を民間で行っているらしい収容所が今もいくつかあり、活用されているらしい。9.11テロ以降監視体制を強化している米国。とりわけオバマ時代にその体制を強化したらしい。オバマの演説の英語ヒヤリング本の発売はやめてもらいたい。➡ 2019/12/25

BluePlanet

10
★3.0 2017年7月1日発行。増補版ということで2010年に発行された同名本の増補改訂版。世界中でここまでテレビカメラによる監視、メール・電話の盗聴が進んでいるのは驚きだが、知らないうちに法案が通っていたのは空恐ろしいことだ。それにより、同姓同名のテロリストと間違えられ飛行機に乗れないというのはあってはならないことだろう。調査を依頼しても説明を求めても何の回答が得られないと、どうにも対処ができない。小説「1984年」と同じことが着実に進行している現在、今後どのような世界になっていくのか心配だ。2017/09/13

やす

7
自由(なはず)の国アメリカの不自由で息苦しい現実が滲み出るルポ。メディアの腐敗と政府の圧力の強さに驚かされる。マイケル・ムーアがガス抜きにならないくらいの意識が広がる状態ではないが、町単位、州単位で戦う人々がいるのが唯一の救いかもしれない。2018/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12038553

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。