暴かれた9.11疑惑の真相

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784594052287
  • NDC分類 316.4
  • Cコード C0095

内容説明

世界貿易センタービルは“崩壊”ではなく“爆破”された!ペンタゴンに突入したのは民間機ではない!テロの実行犯はなぜか生きていた!?疑惑を立証する“証拠映像”満載DVD付き。

目次

第1章 世界貿易センタービル“崩壊”の謎
第2章 ペンタゴンにボーイング757は激突しなかった!
第3章 つくられた「ユナイテッド93」の神話
第4章 テロを事前に知っていた人々
第5章 アメリカの民主主義は死んでいる
第6章 「犯人とされた」人々の肖像
第7章 ヤラセ国家アメリカの歴史
第8章 真相究明に向けて

著者等紹介

フルフォード,ベンジャミン[フルフォード,ベンジャミン][Fulford,Benjamin]
1961年カナダ生まれ。外交官の家庭に生まれ、若くして来日。上智大学比較文化学科を経て、カナダのブリティッシュ・コロンビア大を卒業。『日経ウィークリー』記者、米経済紙『フォーブス』のアジア太平洋支局長などを経て、現在はフリーのジャーナリストとして活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

めしいらず

5
世界は、私たちの考えているようでなく、もっと大きな思惑によって動かされている気がします。私たちの見ているもの、知らされていることが真実なのか。911に限らず、オウムも日航機墜落も原発も。一体何に縋って生きて行けばいいのか判らなくなります。2012/03/21

なん

2
真実かどうかわからないけど、その様に見ればそうとも取れる話。ただアフガンのパイプラインの話は事実。色んな角度から物事を見たい。2020/06/07

はる

1
これが本当だったら、怖い。真実も多々含まれているんだろうな。…でも、「まさか、そこまではやらないでしょ。」と、思ってしまう。アメリカって、やっぱり憧れの国なんだよね。私にとって。2013/06/01

yori

1
★★★☆☆ 確かにあのビルの崩れ落ち方には疑問がわくかも2011/04/02

カツオ

1
9.11がテロではなく計画されたものであったことを語る本。納得できる論拠もあるし、内容自体は評価されるべきだと思います。ただこの手の本に共通してしまうのだが、もっと事実を冷静かつ論理的に検証していく内容にすればいいと思うのだが、どうも感情的な文言が目に付いてしまうのが残念。圧力に負けず疑惑を暴こうとする自分たちを「英雄」と表現したりとか、そういう書き方をしてるとトンデモ本にしか思われないと思うんだよなー・・・。2010/10/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/524304

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。