扶桑社ミステリー
死を招く料理店(トラットリア)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 450p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784594048983
  • NDC分類 943
  • Cコード C0197

内容説明

ローマへやって来た小説家は、ある料理店にかけあい、店を舞台に新作を書くかわりに、ただで食事をさせてもらう話をつけた。その作品とは、レストラン評論家が殺され、探偵が真相を追うミステリーだ。しかも、小説を書く作家自身の日常も並行して描くという野心作である。ところが、彼が作中で描いた犯罪が、実際に店内で起きてしまった!小説と現実、双方の事件は次第に錯綜し、作家は両面の謎に立ちむかうことになるが…凝りに凝った構成においしい料理を満載した、グラウザー賞受賞の傑作。

著者等紹介

ヤウマン,ベルンハルト[ヤウマン,ベルンハルト][Jaumann,Bernhard]
1957年、ドイツ・アウグスブルク生まれ。ミュンヘン大学で文学・歴史学・社会学を学ぶ。98年に作家デビュー。海外滞在経験をもとに、人間の五感をテーマに、世界の都市を舞台にした連作ミステリーを発表。その最終作に当たる『死を招く料理店(トラットリア)』で、ドイツ推理作家クラブが選ぶグラウザー賞を受賞

小津薫[オズカオル]
同志社女子大学英米文学科卒、ミュンヘン大学美術史学科中退。英米・独文学翻訳家
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けいちゃっぷ

12
あまり外食しないし料理はそこそこ美味しく食べられればいいので、料理名をだされてもピンと来ないんだよね。 小説家がローマのとある料理店を根城にして、フィクションであるミステリと、ノンフィクションである日常を交互に書いてゆくのだが、彼が書いた犯罪が実際にも起きてしまう。 虚構が現実を侵食してゆくのか・・・。 メタミステリっぽい話なのだが、もう少し整理してくれれば読みやすかったかな。 序盤を我慢すれば面白くはなってきたが。 450ページ 2017/06/04

とし

2
煽り文句いわく「凝りに凝った構成」と…確かにそうなのだが、料理と観光名所の説明ばかりが続き、”わたし”と探偵以外の人物描写が疎かになっているような気がする。そのためその他の人たちの思考や感情を理解しづらいし、うっかりすると作中作品と現実の話すら混同してしまいそうになる。 ただ、その「複雑な構成」さえ読み間違えなければ出色の物語が展開される。2019/06/22

shibatay

1
グルメ系探偵ものかしらと読み始めたら、確かにそうなんだけど、いつのまにやらまるでメタミステリーがごとき渾沌の迷路へ。頭が煮えそうでしたが、ローマ風サルティンボッカのあまりにも美味しそうな描写に完敗。2005/11/25

Guzulla

0
http://blogs.yahoo.co.jp/nbf00417/48912955.html2015/06/24

hnk

0
いにしえの都ローマを舞台に起こる殺人事件、多彩な料理、作中作と作者である「わたし」の物語とのリンク。ローマの街やレストランの描写は旅心をくすぐられます。ミステリとしては釈然としないような…。2011/11/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/93122

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。