扶桑社セレクト
プライス一家は、いつも一日遅れ〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 429p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784594047757
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

この長大な物語に登場するのは、それぞれに複雑な問題をかかえたプライス一家の女たち、そして男たちだ。だれもが、うまくいかない結婚生活にため息をつく。運に見放された飲んだくれが、前妻の愚痴をこぼす。姉と弟のあいだで、公平に扱ってもらったことがないと感じる娘。著者マクミランは、その向こうに欠陥だらけだが、愛すべき家族の姿を浮かび上がらせる。「でもまあ、うちよりひどい思いをしてる家族は大勢いる。たとえばほら、ケネディー家とかさ。もしかすると…」。

著者等紹介

マクミラン,テリー[マクミラン,テリー][McMillan,Terry]
1952年、ミシガン州生まれ。カリフォルニア州立大学バークレー校でジャーナリズムを学ぶ。92年に発表した第三長編『ため息つかせて』(新潮文庫)は、三百万部の大ベストセラーとなり、映画化もされた。現在カリフォルニア州在住

清水寛子[シミズヒロコ]
1961年生まれ。英国ウェールズに留学後、国際基督教大学教養学部卒。1987年より翻訳・編集業に携わる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

meg

0
やっぱり、何回読んでも最後泣いちゃうのよね! 家族って、いいな。2013/09/08

wang

0
色々な状況がすこしづつ改善し、孫との幸せを感じている時に再度発作を起こす。この時に、4人の子供たちや夫それぞれの感情は衝撃的だ。あと一歩、家族がともに幸せになれるだろうか。2009/09/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/250784

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。