扶桑社文庫
平然と車内で化粧する脳

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 243p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784594046538
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C0195

内容説明

人前でイチャつく、所かまわずしゃがみ込む…激増する不可解な若者たち。でも、すべては、モンゴロイド日本人の「脳の進化」に逆らった生活と子育てが原因だった!脳科学の視点から日本を見た、“激しく納得”の大結論が詰まった一冊。脳科学界の鬼才・沢口俊之先生に“プロのおちこぼれ”こと生徒・南伸坊が聞いた、目からウロコ間違いなしの最新脳科学講義集。

目次

プロローグ それはネオテニーから始まった
第1章 ヒトはネオテニー化したサルなのだ
第2章 モンゴロイドとはどういうヒトか?―ネオテニー的進化がもたらした日本人の宿命
第3章 ネオテニーの落とし穴
第4章 脳内汁の秘密
第5章 進化とズレた日本人の脳
第6章 日本人の脳の未熟化を止めよう!

著者紹介

沢口俊之[サワグチトシユキ]
1959年東京生まれ。北海道大学理学部生物学科卒業。京都大学大学院理学研究科修了。米国エール大学医学部神経生物学科リサーチフェロー、京都大学霊長類研究所助手などを経て、現在、北海道大学大学院医学研究科・医学部脳科学専攻教授。専門は認知脳科学、霊長類学

南伸坊[ミナミシンボウ]
1947年東京生まれ。岡田節人、多田富男、養老孟司といった「大知識」の話をコドモのように聞いてまとめたシリーズ『生物学個人授業』『免疫学個人授業』『解剖学個人授業』(新潮社)で“生徒の達人”と称される