• ポイントキャンペーン

扶桑社文庫
平然と車内で化粧する脳

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 243p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784594046538
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C0195

内容説明

人前でイチャつく、所かまわずしゃがみ込む…激増する不可解な若者たち。でも、すべては、モンゴロイド日本人の「脳の進化」に逆らった生活と子育てが原因だった!脳科学の視点から日本を見た、“激しく納得”の大結論が詰まった一冊。脳科学界の鬼才・沢口俊之先生に“プロのおちこぼれ”こと生徒・南伸坊が聞いた、目からウロコ間違いなしの最新脳科学講義集。

目次

プロローグ それはネオテニーから始まった
第1章 ヒトはネオテニー化したサルなのだ
第2章 モンゴロイドとはどういうヒトか?―ネオテニー的進化がもたらした日本人の宿命
第3章 ネオテニーの落とし穴
第4章 脳内汁の秘密
第5章 進化とズレた日本人の脳
第6章 日本人の脳の未熟化を止めよう!

著者等紹介

沢口俊之[サワグチトシユキ]
1959年東京生まれ。北海道大学理学部生物学科卒業。京都大学大学院理学研究科修了。米国エール大学医学部神経生物学科リサーチフェロー、京都大学霊長類研究所助手などを経て、現在、北海道大学大学院医学研究科・医学部脳科学専攻教授。専門は認知脳科学、霊長類学

南伸坊[ミナミシンボウ]
1947年東京生まれ。岡田節人、多田富男、養老孟司といった「大知識」の話をコドモのように聞いてまとめたシリーズ『生物学個人授業』『免疫学個人授業』『解剖学個人授業』(新潮社)で“生徒の達人”と称される
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

どすきん

0
2016年の挫折本。原因の追及に異論があるらしい。ではどうすれば良いのかが、読み取れなかった。そもそも対策が必要か、という議論もあるようだが。変な事だと思うけれど。2016/06/22

TommaS

0
色々勉強になった。発行日が2000年9月と少し古いため,修正を要する点が幾つか有るだろうと非専門の私でも思う。それを踏まえても学ぶことは多かった。羅列すると,父親としての役割。全知性を統括する前頭連合野の重要性。複雑な社会を生き抜く知性を伸ばすことの大切さ。脳に合わせた普通の生活と子育て,などなど。やや大げさな点や確定していない著者の意見もあると思うが,一読する価値があると思う。ちなみにプロローグの「それはネオテニーから始まった」を,暫くの間「それはオナニーから始まった」と勘違いしてましたf(^^;2013/04/16

ほたぴょん

0
南伸坊が生徒役になって先生役とマンツーマンで授業を受ける『個人授業』シリーズの4冊目…かと思ったら出版社が違うので、正式な続編じゃないらしい。やってることは一緒ですが。肩肘張らずに「へーっ」ていう驚きのあるお話が聞けるので、このシリーズは好きなのです。脳にはタケノコがいいらしいお!2011/02/26

ヒコ。

0
南伸坊が生徒役になって聞く脳の話、分かりやすい半面情報は浅い …うっかり再読。ヒトを一夫多妻だと言い切っているが、乳児の母親への負荷の大きさを考えれば一夫一妻と考えられるし、オスメスの体格差が小さいことからは同様のチンパンジーと同じく乱婚性の傾向が読み取れる。著者は脳の専門家だが、もっとサルとしての自覚を持つべきではないか。ウキーッ2011/10/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/427199

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。