ルイスと不思議の時計<br> 鏡のなかの幽霊―ルイスと不思議の時計〈4〉

個数:

ルイスと不思議の時計
鏡のなかの幽霊―ルイスと不思議の時計〈4〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年07月23日 06時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 232p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784593588275
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8097

内容説明

ツィマーマン夫人は、ある真夜中鏡に浮かんだ魔法の恩師の言葉にしたがって、旅に出かけることにした。「失われた魔法の力を取り戻すために!」ローズ・リタといっしょに乗った車がトンネルを抜けたとき…いったいここはどこ?ワクワクドキドキのマジカル・アドベンチャー第4弾!

著者等紹介

ベレアーズ,ジョン[ベレアーズ,ジョン] [Bellairs,John]
『霜のなかの顔』(ハヤカワ文庫FT)など、ゴシックファンタジーの名手として知られる。1973年に発表した『ルイスと不思議の時計』にはじまるシリーズで、一躍ベストセラー作家となる

三辺律子[サンベリツコ]
東京生まれ。英米文学翻訳家。聖心女子大学英語英文学科卒業。白百合女子大学大学院児童文化学科修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ローズ・リタは、男の子に生まれればよかったと、心から思っていた。親友のルイスは、彼女を置き去りにして、ボーイスカウトに行ってしまう。そこで、ツィマーマン夫人は、死んだいとこが残してくれた農場をいっしょに見にいこうと、ひとりぼっちのローズ・リタを誘ってくれた。この農場には「魔法の指輪」があるというが、本当だろうか? 果たして、ふたりを待っていたのは、指輪をめぐる奇妙な事件の数々だった。ルイスに変わって、少女ローズ・リタが悪に立ち向かうシリーズ第3弾。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件