幼児みんわ絵本<br> ねずみのすもう

幼児みんわ絵本
ねずみのすもう

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B4判/ページ数 1冊/高さ 24X25cm
  • 商品コード 9784593562251
  • NDC分類 E

内容説明

むかし、びんぼうなじさまとばさまが、1ぴきのねずみとくらしていた。そのねずみが、となりのちょうじゃどんのふとったねずみとすもうをとって、ころりころりとまかされている。それをみたじさまは、だいじにとっておいた米でもちをついてたべさせると…。この話は、新潟県の松代町に伝わる話をもとに再話したもので、軽快な語りと楽しい絵で、読者をじゅうぶん楽しませてくれます。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たーちゃん

22
優しい気持ちが幸運を運んでくるのですね。じさまとばさまのねずみへの深い愛情を感じました。2021/08/06

十六夜(いざよい)

16
デンカショ、デンカショの掛け声が独特なねずみのすもう。長者ねずみに負けてばかりの貧乏じさまのねずみ。可哀相に思ったじさまは正月用にとっておいた餅をねずみに食べせた。ばさまはねずみの為に小さなマワシを…。2人に支えられ貧乏ねずみはついに!昔話を聞いているような言い回しに癒される作品。子供も気に入ったようです。2019/01/14

いっちゃん

10
いいなぁ。優しい。意地悪な人が全く出てこないし、気持ちがいい。2017/01/10

いっちゃん

8
昔話らしい、優しいおじいさんとおばあさんが、よい行いをして幸せになる。安心の物語。読後感も良い。2015/05/18

ちみたんママ

7
〈息子食いつき度〉★★★☆☆〈私気に入り度〉★★★☆☆ 二俣英五郎さんの「とりかえっこ」が大好きで、図書館で見つけて即借りしました。二俣さんの絵は民話にもぴったり!内容は…まあ大人にとっては既定路線すぎる展開だったけど、そういえば5歳息子に民話を読み聞かせたことがあんまり無い。時にはいいもんだなと。息子はノーコメントだったけどフムフムと最後まで聞いてくれました。二俣さんの民話、また探してみようかな。2021/05/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/604371

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。