白泉社文庫<br> ガラスの仮面 〈第25巻〉 ふたりの阿古夜 2

個数:

白泉社文庫
ガラスの仮面 〈第25巻〉 ふたりの阿古夜 2

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2021年12月02日 03時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 1冊(ペ/高さ 15cm
  • 商品コード 9784592880257
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0179

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

田中寛一

29
久しぶりに読んだ。セリフの解釈ができないと演技が不十分なものにしかならいもどかしさ。生命や永遠をイメージさせようとする監督。そんな見させ方があるのだと監督の手腕に頭が下がる。好きな人に素直に思いを伝えられない男女の関係。いじらしくなる。演劇でもスポーツでも、いやどんな人でも、体の機能が損なわれたときにどう振る舞うか。周りがどう対応するかも考えさせられた。これほどの強い意思を持って過ごせる人に惹かれてしまう。主人公はどっちだっけ?2017/01/02

りえこ

23
マヤの恋も気になるし、紅天女も気になり、どんどん読み進んでしまいました。あゆみさんの執念、怖い。二人ともものすごい執念。2013/10/03

nishiyan

14
『紅天女』試演に向けて稽古に励むマヤと亜弓。二人の稽古場に月影先生が突如、現れる本巻。「紅天女」の心を掴む者が役を制すると伝える月影先生。マヤにとっては容易いことだが、またしてもそこに到れていなかった亜弓さんに訪れる悲劇。役者生命の危機を宣告されても、「紅天女」の役をやりたいという思いで全てを捨てて挑む彼女の姿は圧巻。役に対する執着心は亜弓さんの方が強いのかもしれない。そこに手を差し伸べる母の存在。努力の神様は彼女に微笑むのだろうか。そして次巻へ。2021/05/05

ぱなお

14
努力の人、亜弓さんの最大のピンチ!マヤが紅天女の本質を掴みかけていたことろに、焦る亜弓さん。そんなところに、過去最大のピンチです。こうなると、この大きな壁を乗り越え、逆に"何か"を掴んでしまいそうな亜弓さん!ピンチはチャンスです!お母さんの指導といい、ラストは過去作『奇跡の人』を思い出しました。それにしても、『紅天女』は神と仏の恋の物語だったんですねぇ。どうして気づかなかったんだろう。。。毎巻、『紅天女』の物語に対して、黒沼先生の解釈説明のおかげで、この作品の奥が深いことに関心させられます。2014/05/07

和希

12
亜弓さんをいじめないで!と言いたいね。中途失明は本当につらいと思うよ。2014/05/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7117218

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。