白泉社招き猫文庫<br> 妖医玄眞―京都備忘録

個数:
電子版価格 ¥691
  • 電書あり

白泉社招き猫文庫
妖医玄眞―京都備忘録

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月22日 15時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 253p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784592831242
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

ときは幕末の京都。人のふりをして町医者を営む妖の玄眞と助手のマル。そして彼らと奇妙な縁を持つことになった浪士カク。おりしも町では子供たちが消える神隠しが発生し、三人は真相を追ううち妖たちの世である「裏京都」に足を踏み入れる。しかし解決したかにみえた事件は意外な展開をみせ、ついには幻眞、カクの刀が唸る!

著者紹介

朝日奈錬[アサヒナレン]
千葉出身。朝日奈れんのPNでBLを執筆する他、ライターとしても活動中。『妖医玄眞―京都備忘録』は初めての一般時代小説となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

幕末、妖ながら人の医師を装う玄眞。その助手で刀の化身・マル。彼らと奇妙な友情を結ぶ浪士・カク。三人は神隠し事件を追って妖の支配する世界「裏京都」に足を踏み込む。が、真の敵は?
2015年9月刊。