白泉社招き猫文庫<br> 公家姫挿し花屋控帳

個数:
電子版価格 ¥669
  • 電書あり

白泉社招き猫文庫
公家姫挿し花屋控帳

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 219p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784592831235
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

享保19年。華道の家元に生まれた蓉は、徳川家重の正室・培子姫に花を手向けるため、華務職として京より呼び寄せられていた。しかし、時すでに遅し。姫は鬼籍に入り、蓉は用無しに。それでも江戸で物見遊山してみたいが為、従者の鷹矢と一計を案じるのだが…。破天荒で型破り、ちょっぴり変わった貧乏公家姫の悲喜こもごもの日々。

著者紹介

若月ヒカル[ワカツキヒカル]
京都府出身。第六回幻冬舎アウトロー大賞特別賞受賞。わかつきひかる及び若月凛名義で、時代小説からライトノベル、官能小説まで幅広く手掛けている。短編『ニートな彼とキュートな彼女』は、2014年にTVドラマ化もされた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

享保19年。京から華務職として呼び寄せられた蓉は、公家の生まれながら、華麗な生活とは無縁の貧乏姫。口は悪いが二枚目の従者・鷹矢を従え、右も左もわからない江戸での暮らしをはじめたのだが……。
2015年9月刊。