花とゆめコミックススペシャル<br> 愛蔵版八雲立つ 〈6〉

個数:

花とゆめコミックススペシャル
愛蔵版八雲立つ 〈6〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月29日 07時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 356p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784592212560
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

弟・闇己に対する禁断の想いを抱く姉・寧子。その恋心の行方は…。
2018年4月刊。

樹なつみ[イツキナツミ]
著・文・その他

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

hush

2
七地のピンチで闇己が闇落ち思想になる展開、すきぃ。2018/08/28

みどり

2
古代編が面白いことに。2018/07/10

直人

2
■八雲立つ 6(樹なつみ,白泉社) 当巻にも古代編含む(実は古代編は個人的にはさほど得意ではない)。 ただマナシを見ていると,マルチェロを連想させる。 現代編では,忌部の持つ神剣を手にするため,熊野へ赴く闇己と七地。 自らのアキレスの踵を認識する闇己が好ましい。2018/05/05

柚原ぴよ

0
七地が行方不明になって念に飲まれそうになる闇己、危うさと七地への依存があらわになって、当時もどきどきしたなぁ。助けられた方の七地も命の危険があったにもかかわらず緊張感がなくて、でもそういうところがいいんだよね。2021/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12720671

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。