ポプラキミノベル 創作<br> ぼくが消えないうちに

個数:
電子版価格
¥968
  • 電書あり

ポプラキミノベル 創作
ぼくが消えないうちに

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月16日 04時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 327p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784591174487
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8297

出版社内容情報

ラジャーは、アマンダの想像から生まれた、「見えない友だち」。
ふたりはいつも一緒に、楽しい時間をすごしていた。
ある日とつぜん、アマンダがいなくなってしまうまでは……。

大切な友だちをとりもどす、ラジャーの冒険がはじまった…!

内容説明

ある日、なかよしのアマンダがいなくなり、ラジャーはひとりぼっちになってしまう。自分を想像して、生み出してくれたアマンダに忘れられると、ラジャーはこの世から消えてしまうというのに。アマンダをとりもどすことはできるのか?見えない友だちとの友情を描いた、イギリスの感動ファンタジー!映画「屋根裏のラジャー」の原作小説。小学校中学年から。

著者等紹介

ハロルド,A.F.[ハロルド,A.F.] [Harrold,A.F.]
イギリスの作家・詩人。本書は初の邦訳作品となり、原作の“The Imaginary”はイギリス文学協会賞受賞のほか、ケイト・グリーナウェイ賞やカーネギー賞などにノミネートされた

グラヴェット,エミリー[グラヴェット,エミリー] [Gravett,Emily]
イギリスを代表する絵本作家。「オオカミ」(小峰書店)や“Little Mouse’s Big Book of Fears”でケイト・グリーナウェイ賞受賞。独創性のある作風で知られる

こだまともこ[コダマトモコ]
出版社に勤務の後、児童文学の翻訳家になる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

マツユキ

12
イマジナリーフレンド。ピンときませんが、忘れられるのも、消えていくのも、恐怖。それだけじゃなく、襲われたり(ビジュアルも怖い)、ずっと一緒だった子と離れ離れになったり、逆に見えない友達に付きまとわれたりと、恐怖の連続でした。その中に確かにある愛情。ラジャーがもう一度アマンダに会えるのか、ドキドキ。アマンダは良い子ってわけじゃないんだけど、それで良い。最高。挿絵も、暗さと明るさが良い塩梅で、ページにも工夫があって、面白かったです。2023/12/11

さとみん

7
映画が疑問符だらけだったので答え合わせに原作を読んでみた。名前と大まかなストーリーは原作通りだったのか!ただ背景は大幅に変えられている。後付けの評価だが私には原作の方が腑に落ちる(ラストは特に)。絵本ではないが文章と絵の相乗効果がとてもよかった。2024/01/01

‪🌱‬

1
思っていたより怖かったけど面白かった! アマンダのお母さんが大人としてすてき。2024/01/02

Masa

0
映画「屋根裏のラジャー」の原作。映画でどう表現されているのかは見てみたい。2024/01/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21394042
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。