吹奏楽部バンザイ!!―コロナに負けない

個数:
電子版価格 ¥1,496
  • 電書あり

吹奏楽部バンザイ!!―コロナに負けない

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月18日 09時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591170748
  • NDC分類 764.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

2020年におこったコロナ禍において、高校吹奏楽部に関わる学生たちも、自宅待機によるクラブ活動の自粛や吹奏楽コンクールの中止などさまざまな困難にみまわれた。そのとき、京都橘高等学校・東海大学付属高輪台高等学校・水戸女子高等学校・山形県立鶴岡工業高等学校・北海道札幌白石高等学校の各吹奏楽部が、その状況をどのように乗り越えたかを描いたオムニバスノンフィクションストーリー。

内容説明

コロナに立ち向かった吹奏楽部員たちの物語。部活動の中でも特に熱いことで知られている高校の吹奏楽部。青春をかけて大好きな音楽に没頭していた部員たちを突如襲ったのは、世界中をパニックに陥れた新型コロナウイルスでした。約3カ月にも及ぶ臨時休校、コンクール・コンテスト・演奏会の中止など、吹奏楽部は自分たちの音楽を外部に届ける機会を失いました。練習にも大きな制限がかかり、「吹奏楽部の日常」が大きく揺らいだのです。

目次

第1章 オレンジの悪魔vsコロナ―世界的に有名なマーチングバンドの奮闘記 京都橘高等学校吹奏楽部
第2章 コロナ禍でも走っていこう、明日も!―全国大会常連校のリモート合奏 東海大学付属高輪台高等学校吹奏楽部
第3章 仲間がいたから、ひとりじゃないから…―コンクール代替大会で見つけた“吹奏楽する”意味 水戸女子高等学校吹奏楽部
第4章 全国大会さでっぞ!―コロナ禍を乗り越え、たった12人で挑む56年ぶりの全国大会 山形県立鶴岡工業高等学校吹奏楽部
第5章 演奏のディスタンス、心のディスタンス―復活を目指して名門吹奏楽部の関係者限定定期演奏会 北海道札幌白石高等学校吹奏楽部

著者等紹介

オザワ部長[オザワブチョウ]
神奈川県横須賀市生まれ。早稲田大学第一文学部文学科文芸専修卒。芥川賞作家・三田誠広に師事。現在、「世界でただ一人の吹奏楽作家」として活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ガーコ

1
☆☆☆☆☆2021/11/03

るみこ

0
コロナ禍で頑張った高校吹奏楽部。辛かったね、だけど得るものもあったはず。何事も無駄にはしない子供たちにエールを送りたい。2021/11/29

卓ちゃん

0
2020年、コロナの影響で吹奏楽の各種大会が中止となってしまい、多くの部員の心にぽっかりと大きな穴が開いてしまった。しかし、長い人生、今後もっともっと困難なことを経験することがあるかもしれない。この1年の経験を今後の人生に活かしていってほしい。 それにしても、定期演奏会の前日、部員にコロナの濃厚接触者が出て、また大切な本番が失われるかもしれない時の部長の「定演より心配なのはあの子のことや。コロナも不安やろうし、もしかしたら自分を責めてるかもしれへん」という言葉は、自分ならとても言えなかっただろう。2021/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18542660

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。