プラスチック・スープの地球―汚染される「水の惑星」

個数:

プラスチック・スープの地球―汚染される「水の惑星」

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年02月28日 01時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 136p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784591163757
  • NDC分類 K519
  • Cコード C8051

出版社内容情報

今や、海だけでなく、土壌、空気にまで蔓延しているマイクロプラスチック。地球は、プラスチックごみに覆われた、まさに「プラスチック・スープ」状態です。プラスチックが普及しはじめて現在にいたるまでわずか70年の間に、本来の地球とはまったくちがうすがたになってしまいました。このままで、生き物は生きていけるのでしょうか。私たちが向きあうべき現実とは? 私たちがとるべき行動とは? 環境問題の「今」を考えます。
●地球はプラスチックの惑星
1.夢のプラスチック/2.海を漂うプラスチック/3.細かくくだけていくプラスチック/4.プラスチックに覆いつくされる地球/5.プラスチックであふれる地球
●地球からプラスチックをなくすために
6.プラスチックから生まれるアート/7.信念と希望のはざまで/8.感動を生むアイディア/9.やるなら今しかない/10.新しい時代が動きだした

内容説明

私たちが知るべき現実が、ここにある。私たちがとるべき行動を、考える。プラスチック・スープとは地球の海や土壌、空気までもがプラスチックに覆いつくされて引きおこされる環境問題。国連環境計画(UNEP)は、プラスチック・スープを、「世界中で取りくむべき最も重要な環境問題のひとつ」としている。

目次

地球はプラスチックの惑星(夢のプラスチック;海を漂うプラスチック;細かくくだけていくプラスチック;プラスチックに覆いつくされる地球;プラスチックであふれる惑星)
地球からプラスチックをなくすために(プラスチックから生まれるアート;信念と希望のはざまで;感動を生むアイディア;やるなら今しかない;新しい時代が動きだした;プラスチック・スープの日本)

著者等紹介

アビング,ミヒル・ロスカム[アビング,ミヒルロスカム] [Abbing,Michiel Roscam]
政治学者。2011年からアムステルダムのプラスチック・スープ財団(PSF)で、プラスチック・スープの解決に向けて積極的に取りくんでいる。PSFのウェブサイトで科学的調査と現在の状況について報告している他、オランダやその他の国ぐにでプラスチック・スープについて講演を行っている。また、著作も数多くある

藤原幸一[フジワラコウイチ]
生きもの写真家、作家。秋田県生まれ。日本とオーストラリアの大学・大学院で生物学を学ぶ。その後、野生生物の生態や環境に視点をおいて、世界中を訪れている。学習院女子大学・特別総合科目「環境問題」講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。