ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。

  • 提携先に28冊在庫がございます。(2021年03月03日 12時13分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 210p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591161005
  • NDC分類 740.21
  • Cコード C0095

出版社内容情報

2017年12月、自身のブログで余命3年のがんであることを公表。著者と一緒に「生きること」を見つめ直すきっかけになる一冊。

内容説明

自分の人生を生きろ。写真家で猟師のぼくは、34歳の時に治らないがんの告知を受けた。後悔はない。それは、すべてを自分で選んできたからだ。家族、仕事、お金、そして生と死。選ぶことから人生は始まる。

目次

1章 そしてぼくは、旅に出た。
2章 ぼくたちが求めている自由―Kさんへの取材を通じて
3章 ほんとうの自立とはなにか―Mさんへの取材を通じて
4章 逃げ場を失わないために―Tさんへの取材を通じて
5章 家族のかたちを選びなおす
6章 ぼくが最後に選ぶもの

著者等紹介

幡野広志[ハタノヒロシ]
1983年、東京生まれ。2004年、日本写真芸術専門学校中退。2010年から広告写真家・高崎勉氏に師事、「海上遺跡」で「Nikon Juna21」受賞。2011年、独立し結婚する。2012年、エプソンフォトグランプリ入賞。2016年に長男が誕生。2017年多発性骨髄腫を発病し、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。