歩行する哲学

個数:

歩行する哲学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月19日 06時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591160510
  • NDC分類 102.8
  • Cコード C0010

出版社内容情報

倒れかけては持ち直す「歩く」という動きの中に人間の思考の「隠された型」がある。哲学者27人の思想に迫る比類なき哲学案内。歩く(=倒れかけては持ち直す)、この動きのなかに人間が言葉をつかって考えるときの「隠された型」がある。プラトンからニーチェ、ウィトゲンシュタインまで哲学者27人を「歩く」観点から照らし出し、思想の「生きた動き」そのものを伝える驚くべき哲学入門。


【目次】

歩き出す前に

第一の散歩 古代の散歩者とともに 

エンペドクレスの不思議なサンダル/プロタゴラスの行ったり来たり/プラトンは囚人たちを歩かせた/アリストテレスは「散策の人」とあだ名された/ピュロンは師が溝に落ちても気にしない/ディオゲネスは杖をついて歩いた/セネカは時代を跨いで散策した/アポロニウスは世界の叡智を求めて歩いた

第二の散歩 東洋の散歩者 

ブッダは中道をゆく/老子にあっては人ではなく世界が歩く/孔子はすべてのものの良い歩き方を考えた/ヒレルと片足立ちの男/シャンカラは歩く絶対者/チベットの行者ミラレパは垂直に歩く/休憩

第三の散歩 体系的に歩くか気ままに歩くか 

オッカムのウィリアムは不要な歩みを省いた/モンテーニュは「跳んだりはねたり」/デカルトはまっすぐに歩く/ディドロはひそかに足を引きずる/ルソーは散歩をよみがえらせた/カントは一七八九年に遅刻したことがある/ヘーゲルの「ひとりでに歩く道」

第四の散歩 近現代の異人たちと歩く 

チョーマ・ド・ケーレスはチベットまで歩いた/マルクスは歴史が歩くのを見た/ソローは原初の人間として歩く/キルケゴールは街に隠れる/ニーチェが歩きながら気づいたこと/ウィトゲンシュタインは言葉の間をどう歩いたのか? 

おわりに 「哲学者として歩く」ということ

ロジェ=ポル・ドロワ[ロジェポルドロワ]
著・文・その他

土居 佳代子[ドイカヨコ]
翻訳

内容説明

倒れかけては持ち直す「歩く」という動きのなかに、人間の思考の「隠された型」がある。プラトンからニーチェ、ウィトゲンシュタインまで哲学者27人を斬新に読み解く類なき哲学案内。

目次

第1の散歩 古代の散歩者とともに(エンペドクレスの不思議なサンダル;プロタゴラスの行ったり来たり ほか)
第2の散歩 東洋の散歩者(ブッダは中道をゆく;老子にあっては人ではなく世界が歩く ほか)
休憩
第3の散歩 体系的に歩くか気ままに歩くか(オッカムのウィリアムは不要な歩みを省いた;モンテーニュは「跳んだりはねたり」 ほか)
第4の散歩 近現代の異人たちと歩く(チョーマ・ド・ケーレスはチベットまで歩いた;マルクスは歴史が歩くのを見た ほか)

著者等紹介

ドロワ,ロジェ=ポル[ドロワ,ロジェポル] [Droit,Roger‐Pol]
1949年パリ生まれの哲学者、ジャーナリスト。高等師範学校サン=クルー校卒業。30冊余の著書を出し、『暮らしの哲学』等のヒット作はおよそ30カ国語に翻訳されている

土居佳代子[ドイカヨコ]
青山学院大学文学部フランス語フランス文学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

侘び寂び侘助

3
歩く、とは生きるということ。人生を歩むというように、歩くと生きるは密接に関係している。今、歩くということは、非常に重要な意味を持っているような気がする。2019/02/19

胡蝶花

1
樽の中の賢人も杖は持っていた。2022/05/01

Y.U

0
いくつか力強いメッセージを感じました。 永遠のブランコ、不完全はプラス、ハンディキャップは推進力… 歩むより馳けるくらいのスピードが自分には合っている。歩こうが走ろうが自分次第である。ただ正しく歩いたり走ったりした方が良さそうと理解した。 奥の細道もこの範疇に入るのだろうと思いを馳せながら読了。2019/01/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13134234

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。