ポプラせかいの文学<br> ぼくのオレンジの木

個数:

ポプラせかいの文学
ぼくのオレンジの木

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月20日 23時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 302p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784591147214
  • NDC分類 K969
  • Cコード C8097

内容説明

小さなゼゼーは、いたずら悪魔。見つかるたびに、しかられる。親友になったのは、裏庭の小さなスイートオレンジの木。クリスマスなのに、どうしてぼくだけひどい目にあうんだろう。夢の世界から現実の世界へ、感受性に満ちた少年の成長の物語。ブラジルの国民的作家、ヴァスコンセーロスの半自伝的名作!

著者等紹介

ヴァスコンセーロス,ジョゼ・マウロ・デ[ヴァスコンセーロス,ジョゼマウロデ] [Vasconcelos,Jos´e Mauro de]
1920年、ブラジルのリオデジャネイロ市近郊に生まれる。貧しくも本好きな子ども時代をすごし、医学部に進むが中断。ブラジル各地を旅しながら、ボクシングのコーチ、小学校教師をはじめとし、多種の仕事を経験する。作家となってからも、ジャーナリスト、放送作家、画家、俳優などさまざまな分野で活躍した。代表作『ぼくのオレンジの木』は、米国、ラテンアメリカ、ヨーロッパの国々、韓国、中国、トルコ、タイなどで翻訳出版され、数多くのTVドラマ、映画、演劇となっている。1984年にサンパウロ市にて死去

永田翼[ナガタタスク]
東京都立大学大学院(社会学専攻)中退。中国で生まれ、日本で育ち、米国を経由してブラジルに流れ着く。ブラジルの居心地のよさが気に入り、サンパウロに在住。これからは文化の時代だと考え、ブラジルに日本の漫画、アニメを持ち込んだ

松本乃里子[マツモトノリコ]
ブラジル文学翻訳家。上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒業。1990年代より国際理解教育・子どもの権利に関する活動。その後サンパウロに移住。翻訳のほかに専門分野として、イラストレーション、色彩心理ワークの活動をおこなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ゼゼーの話し相手は、引っ越し先の庭にあった、スイートオレンジの木。感受性豊かな少年の、傷ついた心と優しさを描いた感動作!