ポプラ文庫ピュアフル<br> コンビニたそがれ堂―空の童話

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

ポプラ文庫ピュアフル
コンビニたそがれ堂―空の童話

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月23日 12時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 361p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784591132074
  • NDC分類 913.8
  • Cコード C0193

出版社内容情報

本当にほしいものがある人だけがたどり着ける不思議なコンビニを巡る、4つのハートフルストーリー。好評シリーズ第4弾!

内容説明

本当にほしいものがある人だけがたどり着ける、不思議なコンビニたそがれ堂。今回はその昔小さな出版社から刊行された幻の児童書『空の童話』をめぐって、優秀な兄に追いつこうと頑張ってきた若い漫画家の物語、なぜかおやゆび姫を育てることになった編集者の物語、閉店が決まった老舗の書店の書店員と謎めいたお客様たちの物語、そして老いた医師が語る遠い日の夜桜の物語の四作を収録。感動の声が続々寄せられる大人気シリーズ、待望の第四弾。

著者等紹介

村山早紀[ムラヤマサキ]
1963年長崎県生まれ。『ちいさいえりちゃん』で毎日童話新人賞最優秀賞、第4回椋鳩十児童文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優愛

239
絶版になった空の童話を巡る物語は時に悲しく、時に優しく心に触れる。「本当に大切な願い事は、言葉にしなければいけない」夢を自覚するために言葉にしようとするその行為は思うより難しいけれど、その経緯までも掬い上げてくれるのが金色の瞳にしましま帽子の店員さん、あなたなんでしょう。切羽詰まってどうしようもない程に立ち直れなくなった時私にもどうかおやゆび姫栽培セットを、沁みる程に美味しいコーヒーを。私もあなたに一目会ってみたい。だから今は空の童話の主人公のように強く生きていこう。その頑張りが報われる瞬間を夢見て。2015/02/20

SJW

168
本当にほしいものがある人だけがたどり着ける不思議なコンビニ「たそがれ堂」。今回は幻の児童書「空の童話」にまつわる4つのお話。主人公は本に関わる仕事をしている漫画家、編集者、書店員など。村山さんは書店員の仕事はよく分かっていなかったのでtwitterで書店員の方たちからたくさん学ばれたとのこと。ここで学んだ知識で「桜風堂ものがたり」を書き上げたのだと思う。。また風早の街なので他の物語の登場人物がさりげなく登場し、懐かしく思いながら読めるのも楽しい。2019/09/05

とし

154
コンビニたそがれ堂「空の童話」4巻。漫画家、編集者、老舗書店の書店員と謎の常連客達、老女医たちの児童書『空の童話』にまつるわる物語、前3巻とは少し趣が違うような気がするが素敵なお話でした。2016/02/15

kishikan

143
児童書がスタートだったコンビニたそがれ堂シリーズの4作目。久々の書下ろしということもあり、とても期待していました。今回は、本当に「空の童話」という題の児童書をキイにして作られた4つの物語。それぞれ素敵な話だけれど、風早の街のたそがれ堂ファンとしては、もう少しその不思議さを味わいたかったな。村山さん、少し本(児童書)にこだわり過ぎちゃったかな(その気持ち分からないことはないけど)。中でも「空の童話」はSFに偏り過ぎて力が入り過ぎ。やはり「花明りの夜に」のような、少し切なくて不思議さの余韻があるものがいいな。2013/05/06

紫 綺

138
今回は「空の童話」という童話をキーブックに展開していく第4弾。SF展開に走りすぎたきらいはあるが、毎回色々な展開を試みていて面白い。ウルトラセブンや怪獣も出てきて、身近感がうれしい秀作。現状の心のささくれに有効な特効薬だった。このタイミングに読めたことに感謝♪2013/03/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5653451

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。