ポプラ文庫
君と過ごす季節―秋から冬へ、12の暦物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 301p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784591131848
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

出版社内容情報

飛鳥井千砂、小川糸、山崎ナオコーラ、柚木麻子ほか、人気作家たちが、四季折々のドラマを紡ぐ、極上のアンソロジー秋冬篇。

雲ひとつない秋空が広がる日、彼に手紙を書いた。
クリスマスの飾りつけが目立ち始めたころ、僕はあることを決意した――

立秋、秋分、冬至など、一年を二十四の季節で分ける、二十四節気。

飛鳥井千砂、小川糸、山崎ナオコーラ、柚木麻子ほか、人気作家たちが、
移りゆく季節のドラマを紡ぐ、極上のアンソロジー秋冬篇。いきなり文庫で登場!

立秋 内田春菊
処暑 平松洋子
白露 柚木麻子
秋分 山崎ナオコーラ
寒露 小野寺史宜
霜降 小川糸
立冬 東直子

内容説明

雲ひとつない秋空が広がる日、彼に手紙を書いた。クリスマスの飾りつけが目立ち始めたころ、僕はあることを決意した―。一年を二十四の季節で分ける、二十四節気。人気作家たちが、立秋、秋分、冬至など、移りゆく季節のドラマを紡ぐ、極上のアンソロジー秋冬篇。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あつひめ

98
暦って…カレンダーのようなそっけないものと違って人に密着していると思う。切なくなったり、楽しみになったり…季節にあわせて人は呼吸しているのを忘れているのかも。秋から冬へは、一人じゃ寂しくなる季節。誰かと寄り添いたい…季節。今の時期、しみじみと秋の夜長に手に取るにはちょうどいい1冊。点訳したい1冊。2013/09/12

ハミング♪♪@LIVE ON LIVE

88
小川さんの「霜降」目当てで、借りた!小川さんらしいお話かな。おいしそうな食べ物に、温かい生命、優しくて切ない男女の出会いと別れなど・・・。今回は、全体的によかったと思う。おもしろい話や、共感できる話、謎めいた話や、ちょっと怖いような哀しいような話、温かい話やおいしそうな話など、色んな話が読めて、しかも一話が短いから読みやすくていい。気に入ったのは、小澤征良氏の「大雪」かな。ヴィッキさんの言う言葉とか、「シルバー・ムーン」というお店についてとか、なんかじんわりきた。平松洋子氏の「処暑」に出てくる氷が魅力的!2013/04/07

小梅

76
大雪が良かったな。春から夏バージョンより気に入った作品が多かったです。2014/12/24

ゆにこ

69
ナオコーラさん、柚木さんが目当てで読みました。ナオコーラさん、とても良かったです。ノートにメモしておきたい言葉が沢山ありました。これから自分が辛い事があった時に、支えになってくれそうな話でした。2016/05/13

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

64
一年を24に分けた〈二十四節気〉に従い、12人の作家が秋から冬へ向かう季節を紡いだ〈物語のバトンリレー〉。年の終わりに読めて、読み友さんに感謝。厄介な同僚に消耗させられるOLを描いた内田春菊さんの〈立秋=8月8日頃〉は、暑苦しい気分を思い出します。水割りの氷をモチーフにした平松洋子さんの不安なファンタジー〈処暑〉、山崎ナオコーラさんの哀しみを帯びた静かな〈秋分〉、東山彰良さんの詩のような〈小雪〉、新年の平和な風景を描いた飛鳥井千砂さんの〈小寒〉などが特に好み。空気の匂いや肌触りを感じるアンソロジーです。2014/12/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5539901

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。