ポプラ文庫<br> 真夜中のパン屋さん―午前2時の転校生

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

ポプラ文庫
真夜中のパン屋さん―午前2時の転校生

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2021年10月16日 09時54分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 381p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784591131824
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

真夜中にだけ開く不思議なパン屋さんで、今日も困った事件が巻き起こる! 重く切なく、でも優しい、大人気シリーズ第3弾!!

★☆☆★ 『真夜中のパン屋さん』<最新刊>第3弾★☆☆★ 

大人気“まよパン”シリーズ第3弾!
巻末には装画を担当する人気マンガ家、
山中ヒコさんによる『お楽しみページ』も特別に収録!!

★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★

夜が深まる頃、暗闇に温かい灯りをともすように「真夜中のパン屋さん」はオープンする。
今回のお客様は、居候女子高生の希実につきまとう、少々変わった転校生。
彼が企む“計画”により、パン屋の面々は、またもや事件に巻き込まれていく。
重く切なく、でも優しい、大人気シリーズ第3弾!!

内容説明

夜が深まる頃、暗闇に温かい灯りをともすように「真夜中のパン屋さん」はオープンする。今回のお客様は希実につきまとう、少々変わった転校生。彼が企む“計画”によりパン屋の面々は、またもや事件に巻き込まれていく。重く切なく、でも優しい、大人気シリーズ第3弾。

著者等紹介

大沼紀子[オオヌマノリコ]
1975年、岐阜県生まれ。脚本家として活躍する傍ら、2005年に「ゆくとしくるとし」で第9回坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、小説家としてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

射手座の天使あきちゃん

611
わぁ~ぉ、キャラ益々濃くなりますねぇ ストーカー&ニューハーフに加えて、人形使い(腹話術)の転校生や危ない医師と盛り沢山(笑) 今回の美味しい小道具はフルーツサンド もう、お腹グルギュル~ゥ!! この分だと次回は「午前3時の母の愛」ですかねぇ? <(^_^;2013/06/22

hiro

454
最初は一癖も二癖もある不器用な登場人物達が、パンのおかげでみんな少しずつ幸せなっていく『まよパン』シリーズ第三弾。今回はフルーツサンドが食べたくなる。『ビブリア古書堂』の第三弾ではシリーズを通しての謎、栞子さんの母千恵子がなぜ失踪したかという謎の糸口が見えてきたが、『まよパン』も同じくこの第三弾で、希実の母律子がなぜ托卵して失踪したかという謎の糸口が見えてきた。真夜中のパン屋さんの閉店は午前5時なので、副題から推測するとシリーズは、第6弾まで続くということだろう。次作第4弾ではソフィアの活躍を期待しますw2012/12/22

れみ

443
街の小さなパン屋さんが舞台のお話、第3弾。転校生としてやってきた孝太郎の持ち込んだ騒動に希実たちが巻き込まれていくお話。孝太郎・こだまの父の美作は変わった人だけど結構好きかな。フルーツサンドって普段あんまり食べる機会ないけど読んでたら無性に食べたくなる(^o^)…さてここまでで最新刊に向けてのおさらい終了。希実が記憶を喪失(もしくは封印?)するほどの出来事って何なのか…午前3時を読めばわかるのかな??気になるけどちょっと知るのが怖いかも。2013/11/09

た〜

423
今回も愛すべきろくでなしたちが暗躍。それから、なんと営業時間が真夜中であることが話の展開に影響しているではないか!2013/05/06

再び読書

414
面白いが、人間関係はさらに複雑になっていく。だれがどんな性格なのか、印象がころころ変わる。まあ、結局それほど悪いやつはいないというのが、落としどころでしょうか?しかし、パンは涎が出るほど美味しそうです。今回は美作親子の物語で、最後に希美の母親が再登場し、次への期待につながる。まるでテレビ番組の制作の妙の様なつながり方です。見事にそれにはまるぼくでした。2015/05/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5539895

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。