コミック版世界の伝記<br> 石ノ森章太郎

個数:

コミック版世界の伝記
石ノ森章太郎

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月23日 22時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 126p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784591131725
  • NDC分類 K726
  • Cコード C8323

出版社内容情報

サイボーグ009』や子供に大人気の『仮面ライダー』などの名作を生み出した石ノ森章太郎の生涯を、まんがで分かりやすく紹介!

少年の頃から、まんが家としての才能を発揮した石ノ森章太郎は、上京してまんが家の道を歩みます。
上京して住んだトキワ荘での仲間たちのとの交流、最大の理解者である姉の死、ひとりでまわった世界一周旅行など、
様々な出来事を乗り越えて、まんが家として成長した章太郎は、『サイボーグ009』や『仮面ライダー』などの名作を世に送り出しました。

序章 まんがの王様……1
第1章 まんがとの出会い……7
第2章 トキワ荘……35
第3章 人気まんが家……43
第4章 仮面ライダー誕生……81
第5章 萬画宣言……95

もっとよくわかる石ノ森章太郎……106
石ノ森章太郎が生きた時代……120

内容説明

少年の頃から、まんが家としての才能を発揮した石ノ森章太郎は、上京してまんが家の道を歩みます。最大の理解者である姉の死を乗りこえ、『サイボーグ009』や『仮面ライダー』など、数かずの名作を、世におくりだしました。

目次

序章 まんがの王さま
第1章 まんがとの出会い
第2章 トキワ荘
第3章 人気まんが家
第4章 仮面ライダー誕生
第5章 萬画宣言
ためになる学習資料室

著者等紹介

シュガー佐藤[シュガーサトウ]
漫画家。幼年の頃より絵を描き始め、石ノ森章太郎の『マンガ家入門』に出会い、1971年に石ノ森章太郎のアシスタントとなる。1977年、グロテスク佐藤の名義で、「ゴトンゴトン」が小学館コミック大賞に入賞。その後、石ノ森よりシュガー佐藤と命名される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Gummo

10
図書館で出会った本。「まんがの王様」石ノ森章太郎(1938-1998)のコミック版伝記。今だに「仮面ライダー」や「サイボーグ009」の新作が出ているためか、15年も前に亡くなられたということをつい忘れていた。高校生で手塚治虫のアシスタントになり、漫画家デビューしたこと。高校卒業と同時に上京し、トキワ荘に移り住んだこと。姉を若くして亡くしたことなどほとんど知らなかったことばかり。「ロボコン」や「ゴレンジャー」の原作も石ノ森さんだったのか。「009」や「仮面ライダー」誕生の裏話も面白い。2013/03/13

鳥野 翼

3
図書館から借りて、読みました。 石ノ森さんの人生は、大変だったんだなと感じました。 御家族の中で唯一、応援してくれたお姉さんの死、両親の無理解。 それでも、なんとか乗り越え、素晴らしい作品を生み出して来た石ノ森さん。 素晴らしい漫画家です。 今度は、石ノ森さんじゃなく手塚治虫さんの伝記漫画も読みたいです。2018/11/13

どあら

3
息子に借りてきたのを読んでみた。2013/06/19

Teruhisa Takii

2
漫画の王様。なるほどです。2020/03/02

tomikko

2
郵送で同人誌作って電報使って手塚治虫のアシスタントになっていたなんて!行動力がすごい。トキワ荘のメンバーと部屋割りが面白い。なんでもある満たされた世の中ではクリエイティビティはシュリンクしていくのかしら、と少し心配。2018/01/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5534892

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。