人って、みな最初は石ころだもの

個数:

人って、みな最初は石ころだもの

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月22日 12時48分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 174p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591130827
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

悩みは言葉にすると、ラクになれる。みんなで読んで、日々の励みになる。志茂田景樹の人気ツイートを書籍化。

目次

1章 人生
2章 日々
3章 恋と愛
4章 はたらく
5章 思いやる
6章 自分
7章 世の中

著者紹介

志茂田景樹[シモダカゲキ]
1940年3月25日、静岡県生まれ。本名・下田忠男。中央大学法学部を卒業後、弁護士事務所勤務などを経て、二十八歳で保険調査員の職に就く。調査で各地をたどるうち作家を志すようになり、雑誌記者に転身。フリーライターのかたわら文芸誌に作品を投稿した。1976年、『やっとこ探偵』が第二十七回小説現代新人賞を受賞。本格的に小説家として活動をはじめる。翌年書き下ろし長篇『異端のファイル』を刊行、一躍流行作家となる。80年、四十歳の時に東北のマタギを描いた長篇『黄色い牙』を発表し、第八十三回直木賞を受賞。84年には『汽笛一声』で文芸大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「ぶつかって磨いて。輝くために世の中はあるんだよ。」凹んでいるとき、誰かを励ましたいとき、繰り返し読みたい人生の言葉。