『いじめ』は2学期からひどくなる!―本当は生きたいのです、誰でも!

個数:

『いじめ』は2学期からひどくなる!―本当は生きたいのです、誰でも!

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月18日 10時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591130711
  • NDC分類 371.45
  • Cコード C0037

内容説明

子どもの「無言のサイン」をキャッチする、学校に相談に行くタイミングと準備、親だからこそやれる!解決の「三原則」、警察の協力は、こうして、もらえた!いじめを乗り越えた著者とその息子の衝撃の真実。

目次

第1章 いじめの現実を把握する―その本質としくみを理解する(いじめは2学期からひどくなる!;“1秒”あれば、いじめはできる ほか)
第2章 しっかり解決に乗り出す―安心して学校へ通うための方法(サインを見逃さない;ふだんの子どもの様子を知っておく ほか)
第3章 人間としての心のあり方を見直す―「愛」と「思いやり」という大切な役割(いたわる気持ちの大切さ;誰も、自殺などしたくない! ほか)
第4章 これを読んでいる、いじめられている子へ―かけがえのない大切な君へ贈る言葉(絶対に死なないで!;自信を取り戻すために ほか)
「大切」なあとがき 『誰もみな、幸せに生きる権利を奪われてはならない』―本当の強さは、自分より弱いものをいたわる心を持つこと

著者紹介

佳川奈未[ヨシカワナミ]
作家・作詞家。夢を叶える『MIRACLE HAPPY COLLEGE』主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

いじめがなくならないのは、“解決したいと本気で取り組む人がいない”から! 子どもを守る新たな生き方の実践本。

この本は、いじめを乗り越えた著者自身とその息子の実際のエピソードに基づく内容だけに、
「解決に至る経緯」と「効果的な方法」が詳しく述べられています。
子どもを持つ親、先生、学校関係者と、すべての大人たちに、是非、
知っておいてほしい大切なことばかり! まさに、いじめ解決の必須本です。

「必読お願い」のまえがき 
『その子を見捨てないで!』
?いじめは、「解決策」がないのではなく、「解決したい!と本気で取り組んでくれる人」がいないから、解決しない!

第1章 いじめの現実を把握する その本質としくみを理解する
■いじめは2学期からひどくなる!
■1秒あれば、いじめはできる
■授業中のいじめの恐るべき実態
■持ち物すべては、隠される・失くされる・壊される・焼かれる!
■学校生活を不可能にされる
■休むと、翌日、ひどくなる!
■悪夢の給食タイム
■遠足も修学旅行も、灰色行事
■金品の要求という、許しがたい行為
■精神的にも肉体的にも、異変が起こる
■いじめというより、暴力そのもの!

第2章 しっかり解決に乗り出す 安心して学校へ通うための方法
■サインを見逃さない
■ふだんの子どもの様子を知っておく
■即刻すべきことはコレ!
■安全圏に置いて、身も心も守る!
■学校に相談に行くタイミングと準備
■県警のサポート
■時間がないのではなく、誠意がない!?
■否認するいじめっ子・いじめっ子の親・先生との対応法

第3章 人間としての心のあり方を見直す 「愛」と「思いやり」という大切な役割
■いたわる気持ちの大切さ
■誰も、自殺などしたくない!
■子どもに、心をひらいてもらう方法
■運命の友だち&神様の力
■幸せな人でいるために

第4章 これを読んでいる、いじめられている子へ かけがえのない大切な君へ贈る言葉
■絶対に死なないで!
■自信を取り戻すために
■もしも誰もわかってくれなくても
■悲しみからの復活

「大切」なあとがき
『誰もみな、幸せに生きる権利を奪われてはならない』
?本当の強さは、自分より弱いものをいたわる心を持つこと