公務員による汚職・不祥事―処遇の変化が不正行為に及ぼす影響

個数:

公務員による汚職・不祥事―処遇の変化が不正行為に及ぼす影響

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月25日 08時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 220p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589043283
  • NDC分類 317.3
  • Cコード C3031

出版社内容情報

公務員による汚職・不祥事などの不正行為はいかなる状況のもとで起きやすくなるのか。個々の公務員に起因する問題のみに目を向けるのではなく、近年における公務員の処遇の変化に着目。不正行為が生じる要因を実証的に明らかにするとともに、処遇向上の必要性を説く。また、公務員のおかれている状況への正確な理解を促す。

目次

序章 汚職・不祥事はなぜ発生するのか
第1部 公務員による汚職・不祥事(不正行為に関する理論的・実証的な研究;給与水準の格差が汚職の発生に及ぼす影響;組織の報酬制度が汚職・不祥事に及ぼす影響;都道府県警察の効率性評価)
第2部 公務員の処遇はなぜ変化したのか(見逃されてきた論点;職員構成の変化が給与水準に及ぼす影響;組合組織の強さが給与水準に及ぼす影響;組合組織の強さが雇用に及ぼす影響)
終章 実証分析を踏まえた政策提言
補論 推定法について

著者等紹介

米岡秀眞[ヨネオカヒデマサ]
横浜市立大学商学部を卒業。名古屋大学大学院経済学研究科博士課程を修了、博士(経済学)を取得。この間、三重県庁に勤務。山口大学専任講師などを経て、奈良県立大学地域創造学部准教授。専門は地方財政、公共政策(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。