日本映画にみるエイジズム―高齢者ステレオタイプとその変遷

個数:

日本映画にみるエイジズム―高齢者ステレオタイプとその変遷

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月25日 13時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589041067
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C3036

目次

序章 なぜ映画のなかの高齢者ステレオタイプを分析するのか
第1章 日本のエイジズム研究における研究課題
第2章 社会文化におけるステレオタイプへの注目と研究方法
第3章 興行収入5位以上の映画のなかの高齢者
第4章 高齢者が主役の映画のなかの高齢者
第5章 家族のなかの高齢者―映画『東京物語』と『東京家族』の比較
第6章 日本映画にみられる高齢者ステレオタイプ
終章 日本のエイジズム研究における挑戦と成果、そして意義

著者等紹介

朴〓彬[パクヘビン]
1984年韓国、ソウル生まれ。2009年同志社大学社会学部社会福祉学科卒業。2011年同志社大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻博士前期課程修了。2012~13年日本学術振興会特別研究員(DC2)。2018年同志社大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻博士後期課程単位取得満期退学、同志社大学社会学部社会福祉学科実習助手。2019年博士(社会福祉学)同志社大学。現在、関西福祉科学大学社会福祉学部社会福祉学科助教(2019年から)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

大衆文化である映画を素材に、高齢者エイジズムの特徴を明らかにする。その構成概念のひとつであるステレオタイプに注目し、研究レビューをふまえ5つの視点から1970~2016年の83作品を徹底分析。研究の方法や範囲と、多様性が尊重される高齢社会の実現に新たな知見を提供する。