日本のネット選挙―黎明期から18歳選挙権時代まで

個数:

日本のネット選挙―黎明期から18歳選挙権時代まで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月24日 19時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 180p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589038630
  • NDC分類 314.85
  • Cコード C3031

目次

日本のネット選挙について
第1部 候補者・政治家とインターネット(ネット選挙の「黎明期」:2000年衆院選の分析;ネット利用の「拡大期」:2004年参院選の分析;利用拡大から「成熟」へ:2005年衆院選の分析)
第2部 有権者とインターネット(候補者によるウェブサイトは得票に影響を及ぼすか:2007年参院選データによる分析;ウェブサイトへのアクセスと投票意思決定行動との関連:2010年参院選有権者調査データを用いた分析;地方選挙における有権者とインターネット:2011年大阪市長選の分析)
第3部 ネット選挙解禁とその後(ネット選挙の「解禁」までの状況;ネット選挙解禁後の国政選挙:2013年参院選および2014年衆院選の分析;10代有権者とネット選挙:2016年参院選の分析)

著者紹介

岡本哲和[オカモトテツカズ]
関西大学政策創造学部教授。1960年生まれ。関西大学大学院法学研究科博士後期課程単位修得後退学、博士(法学)。関西大学総合情報学部教授などを経て2007年から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)