本当は怖い自民党改憲草案

個数:
  • ポイントキャンペーン

本当は怖い自民党改憲草案

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年09月21日 22時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 244p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784589038593
  • NDC分類 323.149
  • Cコード C1032

内容説明

いまこそ、しっかり見ておこう!“改憲”で自由と平和が脅かされる社会を。

目次

第1章 ナショナリズム―国民と国家はどうなるのか
第2章 戦争―どこが戦場になるのか
第3章 表現・思想・信仰―人間の「精神的自由」とは何か
第4章 教育―幸福追求権としての教育はどうなるのか
第5章 家族―誰かとつながりたい個人はどこへ向かうのか
第6章 貧困―社会はどのように分断されていくのか
第7章 国政―独裁政治になってもいいのか

著者等紹介

伊地知紀子[イジチノリコ]
大阪市立大学大学院文学研究科教授

新ヶ江章友[シンガエアキトモ]
大阪市立大学大学院創造都市研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

もしも改憲が実現したら!? 戦争・精神的自由など7つのテーマにつき、未来の日本をシミュレーション。コラムとオピニオンも収録。もしも、憲法が改正されたらどのような社会になるのか!? 改憲が現実味をおびはじめるなか、自民党がどのような国を築こうとしているのかという未来予想図を描く。私たちの生活の変化を念頭に7つのテーマ、5つの論点、2つの全体像にわけてシミュレーションする。

伊地知 紀子[イヂチノリコ]
著・文・その他/編集

新ヶ江 章友[シンガエアキトモ]
著・文・その他/編集

山室 信一[ヤマムロシンイチ]
著・文・その他

内田 樹[ウチダタツル]
著・文・その他

藤原 辰史[フジハラタツシ]
著・文・その他

石埼 学[イシザキマナブ]
著・文・その他

中村 一成[ナカムライルソン]
著・文・その他

武村 二三夫[タケムラフミオ]
著・文・その他

西垣 順子[ニシガキジュンコ]
著・文・その他

岩佐 卓也[イワサタクヤ]
著・文・その他

弘川 欣絵[ヒロカワヨシエ]
著・文・その他

香山 リカ[カヤマリカ]
著・文・その他

西澤 晃彦[ニシザワアキヒコ]
著・文・その他

金 尚均[キムサンギュン]
著・文・その他

石川 康宏[イシカワヤスヒロ]
著・文・その他

塩田 潤[シオタジュン]
著・文・その他

大野 至[オオノイタル]
著・文・その他