生活困窮者支援で社会を変える

個数:

生活困窮者支援で社会を変える

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年06月19日 13時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 232p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589038449
  • NDC分類 369.2
  • Cコード C1036

目次

第1部 福祉を変える(生活困窮者は誰が支えるのか?―地域に新しい支え合いのかたちを創造する;「訪問型」相談支援をどう「つくる」のか?―アウトリーチによる相談支援の先進地から学ぶ;相談支援事業はどのようにあるべきか?―相談支援員の立場から見る制度の可能性と課題;「働く」「働き続ける」を誰が支えるのか?―新しい就労支援のカタチ)
第2部 地域をつくる(見えない子どもの貧困をどのように支えるか?―学校のあり様を変える;居住・生活支援による住まい・まちづくりをどのように支えるか?―高齢者・生活困窮者の住宅確保と地域包括ケア連携への取組み;精神障害者が働くことをどのように支援するのか?―就労移行支援事業所からみた精神障害者の就労支援の課題)
第3部 経済を拓く(すべての市民が安心して働き、暮らすことのできる「第2のセーフティネット」をいかに拡充するか?―多様な主体の協働・共創による「コミュニティ経済」の育成・活性化;人口減少社会に求められる生活困窮者自立支援制度のあり方とは?―地方創生への貢献;就労支援は地域政策になるのか?―「タテ型」の就労支援から統合型の就労支援へ;「労働力開発専門職」とは何か?―多様な従事者を「私たち」として組織化する;労働統合型社会的企業(WISE)による社会的包摂は可能か?―日本におけるWISEの展開過程と生活困窮者自立支援法のもつ意味)

出版社内容情報

福祉、雇用、教育、住宅等に関連の既存制度や政策の不全に対し、生活困窮者支援を通じて打開策を明示する。

五石 敬路[ゴイシノリミチ]
五石 敬路(大阪市立大学大学院創造都市研究科准教授)

岩間 伸之[イワマノブユキ]
岩間 伸之(大阪市立大学生活科学研究科教授)

西岡 正次[ニシオカマサジ]
西岡 正次(A’ワーク創造館就労支援室長)

有田 朗[アリタアキラ]
有田 朗(特定非営利活動法人ぎふNPOセンター理事)

山野 則子[ヤマノノリコ]
山野 則子(大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科教授)

滝脇 憲[タキワキケン]
滝脇 憲(NPO法人自立支援センターふるさとの会常務理事)

安尾 真美[ヤスオマサミ]
安尾 真美(特定非営利活動法人さらプロジェクト正会員)

関口 昌幸[セキグチヨシユキ]
関口 昌幸(横浜市政策局政策部政策課担当係長)

切通 堅太郎[キリトオシケンタロウ]
切通 堅太郎(一般社団法人北海道総合研究調査会調査部次長・東京事務所長)

筒井 美紀[ツツイミキ]
筒井 美紀(法政大学キャリアデザイン学部教授)

藤井 敦史[フジイアツシ]
藤井 敦史(立教大学コミュニティ福祉学部教授)