環境教育学の基礎理論―再評価と新機軸

個数:
  • ポイントキャンペーン

環境教育学の基礎理論―再評価と新機軸

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月23日 11時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 220p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589037831
  • NDC分類 519.07
  • Cコード C3036

目次

環境教育学の基礎理論構想のための予備的考察
「環境教育のプラットフォーム」というアイディア
自然保護教育と環境教育の連続・非連続問題から環境教育学を考える
環境教育の礎としての公害教育
開発教育の視点から環境教育学を構想する
学校における環境教育学の構想
小学校教育現場から環境教育を再考する
環境教育の教科化の是非を問う
ドイツにおける環境教育の光と影―PISAショック後の重点シフト
環境教育学におけるソーシャル・イノベーションの視点
「地域」の視点からの環境教育学を構想する
自己変容と社会変容の学びの連関―協働ガバナンスと社会的学習の相互連関に向けて
生きる環境情報学―深化し越境し変貌する可能性を求めて

著者等紹介

今村光章[イマムラミツユキ]
岐阜大学教育学部教授。専門分野、教育学、環境教育(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

領域ごとに発展してきた理論や学校・地域における教育実践に基づく学問的基礎理論を整理、理論構築に向けた初めての包括的論考集。

今村 光章[イマムラミツユキ]
今村 光章(岐阜大学教育学部教授)

井上 有一[イノウエユウイチ]
井上 有一(元京都精華大学教授)

降旗 信一[フリハタシンイチ]
降旗 信一(東京農工大学農学部准教授)

高橋 正弘[タカハシマサヒロ]
高橋 正弘(大正大学人間学部教授)

飯沼 慶一[イイヌマケイイチ]
飯沼 慶一(学習院大学文学部教授)

荻原 彰[オギハラアキラ]
荻原 彰(三重大学教育学部教授)

諏訪 哲郎[スワテツオ]
諏訪 哲郎(学習院大学文学部教授、日本環境教育学会会長)

田中 治彦[タナカハルヒコ]
田中 治彦(上智大学総合人間科学部教授、特定非営利活動法人開発教育協会理事)

小栗 有子[オグリユウコ]
小栗 有子(鹿児島大学かごしまCOCセンター社会貢献・生涯学習部門准教授)

佐藤 真久[サトウマサヒサ]
佐藤 真久(東京都市大学環境学部教授)

西村 仁志[ニシムラヒトシ]
西村 仁志(広島修道大学人間環境学部教授、環境共育事務所カラーズ代表)

原田 信之[ハラダノブユキ]
原田 信之(名古屋市立大学大学院教授、日本学校教育学会理事)