振舞いとしての法―知と臨床の法社会学

個数:
  • ポイントキャンペーン

振舞いとしての法―知と臨床の法社会学

  • 西田 英一/山本 顯治【編】
  • 価格 ¥6,600(本体¥6,000)
  • 法律文化社(2016/02発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 300pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月13日 11時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 297p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589037190
  • NDC分類 321.3
  • Cコード C3032

目次

第1部 法と社会のメタ理論―解釈法社会学の地平(アカウントの社会学的解釈―Florian Znanieckiの社会学方法論を手掛かりにして;行為の理論の収斂―解釈法社会学とタルコット・パーソンズ;密猟主体と第三の波;何が不法行為法の敷居を高くしているのか―権利主張が希少であることを説明する)
第2部 臨床の法―ナラティヴとケア(痛みと償い―震えの声の前で;医療とナラティブ;ナラティヴと感情;リーガル・カウンセリング論の再文脈化)
第3部 紛争・交渉―法の声・ひとの声を聴く(臨床的ADR論―個別的なるもの;したたかな紛争当事者の紛争解決;アドボケイト活動と「意思決定支援」;契約改定合意の拘束力と公正感―覚え書き)

著者等紹介

西田英一[ニシダヒデカズ]
甲南大学法学部教授

山本顯治[ヤマモトケンジ]
神戸大学大学院法学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。