自由と安全の刑事法学―生田勝義先生古稀祝賀論文集

個数:

自由と安全の刑事法学―生田勝義先生古稀祝賀論文集

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 745p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589036209
  • NDC分類 326.04
  • Cコード C3032

目次

第1部 自由と安全と刑法(日本における法益論の歴史的検討―「学派の争い」を中心として;法益論と社会侵害性について ほか)
第2部 現代社会と刑法解釈(譲渡担保権者による目的物の不承諾引揚げと自救行為;刑法における過失概念の規定のあり方に関する一考察―ドゥトゲ‐ヘルツベルグ論争を手掛かりにして ほか)
第3部 人権保障と刑事手続(裁判員制度の「見直し」について;退去強制と刑事手続に関する「法の不備」(再論)―立法的解決を目指して ほか)
第4部 人間の尊厳と刑事政策(「死刑モラトリアム」のゆくえ―ロシアにおける死刑制度をめぐる論議の動向;地域の安全、リスクと犯罪者の社会内処遇 ほか)