日本人と裁判―歴史の中の庶民と司法

個数:

日本人と裁判―歴史の中の庶民と司法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月19日 08時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784589032744
  • NDC分類 322.1
  • Cコード C1032

目次

歴史から裁判のあり方を学ぶ
「司法アクセス論」の起源としての「一七条憲法」―聖徳太子の司法への思い
鎌倉司法における「訴訟遅延」―阿仏尼と「東の亀の鏡」
貸金事件の決着手法としての「徳政」―中世乱世に生きる庶民の力
中世における「庶民自治」とその終焉―自治的紛争処理に対する庶民の思い
江戸期の法と司法―江戸庶民の思いに見る明治司法の原点
明治初期の裁判のかたち―逝きし世の司法の面影と庶民の思い
「民の司直」への希求―江藤新平の日本司法への思い
明治期の司法と人材育成―福澤諭吉の司法観
「国民の司法離れ」の一起源―足尾鉱毒事件における田中正造の苦渋の選択
「司法権の独立」とその代償―大津事件と児島惟謙
若い詩人の訴訟イメージ―宮澤賢治の訴訟観
「平民宰相」の陪審観―原敬の国民と司法への思い
戦後司法改革小史と民事裁判の近未来展望

著者等紹介

川嶋四郎[カワシマシロウ]
同志社大学法学部・大学院法学研究科・教授。1958年、滋賀県甲賀水口生まれ。一橋大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学、博士(法学)。九州大学大学院法学研究院・法科大学院・教授等を経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。