法律文化ベーシック・ブックス<br> 政治史への問い/政治史からの問い

個数:
  • ポイントキャンペーン

法律文化ベーシック・ブックス
政治史への問い/政治史からの問い

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月21日 04時22分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 216,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784589031976
  • NDC分類 312
  • Cコード C1031

内容説明

今日的な問題意識から政治の過去に問いかけ、そこから得た教訓を手がかりに、現在や未来の政治に問いかける。新保守主義の一つの帰結としての「平成大恐慌」の到来という観点から、世界大恐慌期の政治史や新保守主義に関連する政治史を考察し、それによって、新たな歴史的見解を得るとともに、そこから何らかの今後の政治的方向性を示唆することが本書の課題である。

目次

序章 政治史を学ぶ
第1章 総力戦と「国民動員」、そして女性の役割
第2章 恐慌・戦争・政治不信―一九三〇年代の日本における農村問題を中心に
第3章 戦後日本外交の基本路線とアジア
第4章 戦間期ヨーロッパにおける地域経済統合の可能性
第5章 バター・マーガリン・満州大豆―世界大恐慌期におけるドイツ通商政策の史的展開
第6章 中国共産党の「新民主主義論」に関する考察
結章 政治史への問い/政治史からの問い

著者等紹介

熊野直樹[クマノナオキ]
1965年生まれ。九州大学大学院法学研究院所属。専攻分野はドイツ現代政治史、独「満」関係史

柴尾健一[シバオケンイチ]
1966年生まれ。九州大学大学院法学研究院所属。専攻分野は日本政治思想史、日本医療政策史

山田良介[ヤマダリョウスケ]
1972年生まれ。長江師範学院外国語学院日本語学部所属。専攻分野は日本政治史、日朝関係史

中島琢磨[ナカシマタクマ]
1976年生まれ。日本学術振興会特別研究員所属。専攻分野は日本外交史、日米関係史

北村厚[キタムラアツシ]
1975年生まれ。九州大学大学院法学研究院所属。専攻分野はドイツ外交史、ヨーロッパ統合史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。