ライフステージ社会福祉法―いまの福祉を批判的に考える

個数:

ライフステージ社会福祉法―いまの福祉を批判的に考える

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 241p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589031051
  • NDC分類 369.1

目次

第1部 ライフステージからみる社会福祉法制―人生で何が問題となるか(人の誕生と社会福祉法制;児童期と社会福祉法制;青少年期と社会福祉法制;成人期と社会福祉法制;高齢期と社会福祉法制;人の「死亡」と「福祉」)
第2部 当事者をめぐる社会福祉法制―現代社会におけるニーズ(地域社会の変貌と社会福祉法制;障害のある人と社会福祉法制;「貧しさ」と社会福祉法制;外国籍住民と社会福祉法制)
第3部 変貌する社会福祉法制―福祉政策のこれから(「家族」と社会福祉法制;社会福祉における行政責任;「契約化」と事務所の責任;犯罪と社会福祉法制)

著者紹介

大曽根寛[オオソネヒロシ]
放送大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

生まれてから死ぬまでの各成長段階にかかわる「福祉と法」を学ぶ新しいスタイルのテキスト。身近な事例や統計を用いて、いまの福祉がおかれている問題状況を当事者の視点から考える。