ワークフェア―排除から包摂へ?

個数:
  • ポイントキャンペーン

ワークフェア―排除から包摂へ?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 05時38分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 273p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589030528
  • NDC分類 364

内容説明

ワークフェア(雇用志向社会政策)は貧困克服の有効な手段となりうるか。登場してきた背景からその特徴、波及効果と帰結までを検証。ワーキング・プアや就職困難者など今日的課題にせまる。

目次

ワークフェアの全体像把握を目指して
第1部 国際的動向と理論的諸問題(ワークフェアの国際的席捲―その論理と問題点;規律訓練型社会政策のアポリア―イギリス若年就労支援政策からの教訓;ワークフェアと所得保障―ブレア政権下の負の所得税型の税額控除の変遷;アメリカにおける福祉離脱者とワーキング・プア―ワークフェアとの関連で;非正規(非典型)労働の国際比較―経済のグローバル化と非典型労働増大)
第2部 日本におけるワークフェアとワーキング・プア(日本における母子家族政策の展開―福祉と労働の再編;日本における障害者福祉と就労支援;生活保護改革論議と自立支援、ワークフェア;就職困難者問題と地域就労支援事業―地域から提案されたもうひとつのワークフェア;究極のコスト・パフォーマンス=「雇用のない経営」―拡がる「労働法のない世界」)

著者紹介

埋橋孝文[ウズハシタカフミ]
1951年生まれ。同志社大学社会学部教授。専門は社会政策・社会保障論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)