生命倫理のレポート・論文を書く

個数:

生命倫理のレポート・論文を書く

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月26日 12時46分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 200p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130624206
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C3012

内容説明

どのような問いを立てるか、どのような方法で答えればよいか、「である」と「べき」を分けて考えているか、論文に必要な要素をもっているか。生・老・病・死にまつわる問題を、考えて、書くために。

目次

はじめに―生命倫理ってなんだ?
1 生命倫理について書くために(生命倫理はなにを問うのか;生命倫理学の論文を書くためのポイント;生命倫理の研究を探してみよう;倫理的に書くために知っておきたい基本ルール)
2 生命倫理の問題への多様な答え方(当事者の意識や世論のあり方を調べる;いまをとらえなおすために歴史を振り返る;法について調べたり考えたりする;価値について議論する)
おわりに―生命倫理学の研究へ

著者等紹介

松原洋子[マツバラヨウコ]
立命館大学大学院先端総合学術研究科教授

伊吹友秀[イブキトモヒデ]
東京理科大学理工学部講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

私たちの生老病死にかかわる生命倫理の問いについて,レポート・論文の執筆を通じて深く考えるためのガイドブック.問いを立てる,調べる,書くといった技法とともに,社会学,歴史学,法学,倫理学などの多様なアプローチを紹介する.

まえがき



1 はじめに――生命倫理ってなんだ?

 1-1 意外と身近な生命倫理の問題

 1-2 生命倫理とはなにか

 1-3 学問としての生命倫理学

 1-4 生命倫理学とほかの学問の関係

 1-5 本書の使い方



I 生命倫理について書くために

2 生命倫理はなにを問うのか

 2-1 はじめに

 2-2 人の誕生前後から死ぬまでの生命倫理

 2-3 社会に暮らす多くの人に着目する――公衆衛生の倫理

 2-4 未来の人類に着目する――医学・生命科学研究の倫理

 2-5 おわりに



3 生命倫理学の論文を書くためのポイント

 3-1 「自由に書け」とはいうけれど……

 3-2 論文の骨格を知る

 3-3 本や論文の内容をまとめる

 3-4 生命倫理学について「自由」に書こう!



4 生命倫理の研究を探してみよう

 4-1 先人の研究を調べることの意義

 4-2 先行研究の探し方(日本語)

 4-3 先行研究の探し方(英語)

 4-4 先行研究の整理の仕方

 4-5 先行研究の活かし方



5 倫理的に書くために知っておきたい基本ルール

 5-1 生命倫理学の論文を倫理的に書く

 5-2 調査・研究を正しく行う

 5-3 調査・研究に協力してくれる人を保護する

 5-4 論文の著者であることの意味

 5-5 その他気をつけておくべきこと

 5-6 おわりに



II 生命倫理の問題への多様な答え方

6 当事者の意識や世論のあり方を調べる

 6-1 社会調査とは?

 6-2 既存の社会調査を引用する際の注意点

 6-3 悩めるO君登場!――「検証可能な問い」を立てるために

 6-4 問いを検証するために「適切な調査」を計画する

 6-5 適切な手法を用いて調査を「分析」 する

 6-6 おわりに



7 いまをとらえなおすために歴史を振り返る

 7-1 生命倫理と歴史

 7-2 対象を絞り込む

 7-3 歴史学的アプローチの作法

 7-4 調査

 7-5 情報を整理、分析してみる

 7-6 書いてみる

 7-7 おわりに――歴史学的アプローチの魅力



8 法について調べたり考えたりする

 8-1 どうして法について調べるのか

 8-2 法律学の基本の知識

 8-3 どうやって法律分野の資料を探すか

 8-4 法令、条文、判例の調べ方

 8-5 法令、条文、判例の読み方

 8-6 どのように法律・規制ができたかを調べるには

 8-7 生命倫理学に関するトピックの法学的な調査例

 8-8 おわりに



9 価値について議論する

 9-1 自分の意見について書くために

 9-2 文献を読む前に

 9-3 文献を読んで論点を確認する

 9-4 考えたことを書く

 9-5 思考実験について

 9-6 おわりに



コラム2 自分の体験を記述する



10 おわりに一生命倫理学の研究へ

 10-1 レポートから卒業論文へ

 10-2 卒業論文から学術論文へ

 10-3 生命倫理学を研究する



さらに勉強したい人のための読書案内

あとがき



Writing Research Papers on Bioethics

Yoko MATSUBARA and Tomohide IBUKI, Editors

松原 洋子[マツバラ ヨウコ]
編集

伊吹 友秀[イブキ トモヒデ]
編集