命の終わり―死と向き合う7つの視点

個数:

命の終わり―死と向き合う7つの視点

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年05月23日 04時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 176p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784589030351
  • NDC分類 114.2
  • Cコード C1012

内容説明

死は誰にでも色んなかたちで訪れる。自分の死、身近な人の死、突然の死、老いによる死…死が近づいてきた時死が身近な人に訪れた時あなたはどのようにして受け容れますか。

目次

1 『楢山節考』を考える―いつ、どこで、どのように死ぬのか
2 散りぬべき時―安楽に死ぬ
3 柏木哲夫―「受容の死」とは何か
4 ターミナルケアを考える―死生観を求めて
5 上田三四二晩年の死生観―時間は回帰する
6 岸本英夫の死生観―死は「別れのとき」
7 「1000の風」について―亡くなった人は今

著者等紹介

大町公[オオマチイサオ]
1949年京都生まれ。京都大学文学部卒業。同大学院文学研究科博士課程修了(倫理学専攻)。奈良大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

死は誰にでも必ず訪れる。自分の死をどう迎えるか、また身近な人の死をどう受け容れるか、実例を紹介し、読者に問いかける。死と向き合うことは、いま(生)を見つめることでもある。