「クラシック」の終焉?―未完の20世紀音楽ガイドブック

個数:
  • ポイントキャンペーン

「クラシック」の終焉?―未完の20世紀音楽ガイドブック

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 180p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589030337
  • NDC分類 762.06

内容説明

空前の「クラシック」ブームに疑問符という一石を投じる。本書は未完である。「本」を解体することによって開かれた世界が立ち現れる。ナクソスの音盤を多数紹介。

目次

序章 20世紀クラシック音楽人物誌
第1章 電脳空間との対話
第2章 わかる20世紀音楽の方へ―まずは聴いてみなけりゃ始まらない(「わかる」20世紀クラシック;「ナクソス」は「わかる」20世紀音楽の宝庫だ)
第3章 ハード・クラシックからソフトクラシック、そしてポピュラーの方へ(ハード・クラシック;ピアニスト/指揮者/哲学者;電気の実験;実験音楽 音楽の実験;ミニマル;クラシックの彼方へ)

著者紹介

宮下誠[ミヤシタマコト]
國學院大學教授。1961年東京生まれ。バーゼル大学大学院博士課程単位取得博士論文執筆資格取得退学、早稲田大学大学院博士後期課程単位取得退学。日本学術振興会特別研究員、別府大学助教授、國學院大學助教授を経て現職。専攻は20世紀西洋美術史、美術史学史、画像解釈学、一般芸術学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

中学生から社会人まで、教養としての20世紀音楽を知るための初めての本。ポピュラー音楽にも目配りをして200あまりの人物・作品を紹介する。ブログと連携しさらなる広がりを追求。