松山大学研究叢書<br> フランス「福祉国家」体制の形成

個数:

松山大学研究叢書
フランス「福祉国家」体制の形成

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月24日 05時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 224p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589027962
  • NDC分類 364.023
  • Cコード C3031

内容説明

本書は、フランスにおける「福祉国家」形成に関する歴史的展開過程を検討することによって、フランス福祉国家の構造的特性の一断面を解明しようとするものである。

目次

第1章 フランス「福祉国家」史研究の課題(「福祉国家」史研究の課題;フランス福祉国家史論)
第2章 フランスにおける「社会問題」と連帯主義(第二帝政期の「社会問題」と「中間集団」論;ル・プレーの社会調査と社会政策 ほか)
第3章 フランスにおける「社会保障」概念の展開過程―第三共和政期の社会立法過程を中心として(社会保障の概念と社会保険制度の形成;包括的社会保険への歩み)
第4章 戦後復興と「一九四五~四六年体制」の形成(第四共和政の成立と社会保障制度改革;ラロックプランと社会保障「組織法」の成立 ほか)
第5章 フランス「福祉国家」体制の変容(一九六七~六八年社会保障制度改革―ゴーリズム下の「福祉国家」再編;正統性の危機とフランス「福祉国家」の再編―ジュペ・プランの挫折を中心として)

著者紹介

広沢孝之[ヒロサワタカユキ]
1964年福岡県に生まれる。1986年九州大学法学部卒業。松山大学法学部助教授