シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 縄文文化の起源をさぐる・小瀬ヶ沢・室谷洞窟

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
縄文文化の起源をさぐる・小瀬ヶ沢・室谷洞窟

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月27日 15時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787707376
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

縄文文化の起源を見極めたい―越後長岡の考古学者・中村孝三郎は、最古の遺物を追い求め、ついに新潟県・阿賀野川流域の山あいの洞窟遺跡にたどり着く。多くの苦難を乗り越えた探求の軌跡と、縄文時代草創期の文化を物語る二つの洞窟遺跡の全貌を明らかにする。

目次

第1章 最古の縄文文化を求めて(小瀬ヶ沢・室谷洞窟の発見;越後長岡の考古学者・中村孝三郎;小瀬ヶ沢・室谷洞窟に至る道のり)
第2章 小瀬ヶ沢洞窟の発掘(未知なる遺物の発見;草創期の多様な土器群;旧石器と縄文の混交した石器群;草創期の骨器と獣骨類;石器工房か中継基地か)
第3章 室谷洞窟の発掘(積み重なる土層を掘る;つながった縄文土器の系譜;縄文的な石器への転換;骨角器類と多量の獣骨類;多様な洞窟の利用形態)
第4章 縄文文化の起源をさぐる(草創期の多様性と地域性;広域にわたる移動と交流;草創期研究のゆくえ;遺跡・遺物の保存と活用)

著者等紹介

小熊博史[オグマヒロシ]
1963年、新潟県栃尾市(現長岡市)生まれ。新潟大学人文学部卒。現在、長岡市立科学博物館考古研究室学芸員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

月をみるもの

9
化石と同じように土器の編年も結局は作ってる人の主観に依存するところが大きいのかな。。。それでも縄文時代なら、絶対年代はC14で十分なはずだよね。。。まあ、弥生の始まりですら、こんだけ議論になってるんだから、そんなに簡単でないのはわかるけど。。。。2019/10/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1306526

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。